クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月29日号

トヨタF1挑戦への軌跡を体感!
10月13日のF1日本GPが迫ってきました。アムラックス東京/大阪/メガウェブでは、F1参戦1年目で健闘を続けるトヨタF1チームを応援するさまざまな関連イベントを実施しています。東京お台場のメガウェブでは、10月14日までトヨタ7や2000GT、TS020(ルマン参戦車)など歴代のトヨタモータースポーツカーを一堂に展示! F1挑戦までのトヨタのモータスポーツの歴史がわかります。どれもふだんはなかなか見ることのできない貴重なクルマばかり! ぜひ出掛けてみてください。


カーナビ、もうすぐ1000万台突破!
今やドライブに欠かせない、「これを手放したらどこにも行けませ〜ん」なんてドライバーもいるくらい大人気のカーナビ! このほど、カーナビの基幹システムであるVICSセンターがカーナビの出荷台数を調査したところ、7月末現在でなんと984万台を突破! 1000万台目前となっていることが分かりました。昨年の3月には710万台だったのが、この1年で急速に普及! もはや車の必須アイテムに成長したわけです。ダッシュボードに組み込まれた純正カーナビが格安で入手できるようになったのがことがカーナビの普及の大きな要因と見られてます。そしてさらに、今までは、CD-ROMやDVD-ROMなどの記憶媒体に頼るのみであったドライブ情報の入手も、携帯電話を用いた方法が登場するなど、進化を続けています。まさに「カーマルチメディア」の時代は確実にやって来ていると関係者も確信しています。


低公害車の駐車料金は無料!!
カーナビ同様、その普及が急ピッチで進んでいるのがトヨタのハイブリッド車に代表される低公害車。そのさらなる浸透を!というわけで、九州の福岡市では低公害車を対象とした市営駐車場の料金優遇を10月1日から開始。ハイブリッド車やCNG車、電気自動車などが対象で、最初の1時間の駐車料金をなんと無料とするもの。これは全国の政令指定都市としては初めて! 対象はハイブリッド車やCNG車、電気自動車などで、市の環境局に事前申請して交付を受ける優待証明か、車検証を提示することで市営の駐車場が1時間無料で使えます。ちょっとした外回りならこなせる時間ということで、法人の利用を促進したいという考えです。これからも低公害車に対して、こういった優遇措置を取る公共団体が多くなって欲しいものです。