クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月30日号

道路だって高齢化が心配!
高速道路の外壁が崩れるといった事故がありました。国内のトンネルや橋は、高度経済成長時代に建設されたものが全体の半数を占めます。建設は30年、40年前、これらの道路や施設は日本の国民同様、高齢化が進んでいるというわけです。そこで、適切な修理や管理をしないと老朽化に伴う崩落や陥没の危険が出てくる。これが深刻な問題になっています。国土交通省はこの度、「道路の老朽化対策を進めるための検討会」を発足。すでに老朽化が社会問題になった米国の例を参考にしながら、適切な補修体制を作っていく方針を固めました。 


女性向けのカーライフサイト登場!
この度、横浜ゴムは女性向けのカーライフ支援サイト、その名も「Women's Drive」を開設しました。「季節ごとのおすすめドライブスポット」ショッピング情報、さらに安心ドライブの一口MEMOなどを掲載。また、女性向けのイベントや人気アクセサリー、小物なども紹介も充実しています。男性人は、ドライブデートの参考書にいかが!?

Women's Drive
http://www.womensdrive.com/


迷彩服が呼んだ悲劇!
戦争などで兵士たちが着るあの迷彩服の効果が悲劇によって実証されました。先日青森市の路上で、訓練中の陸上自衛隊の隊列に後ろからクルマが突っ込み隊員8人が重軽傷を負う事故が起きました。すわ脇見運転か?と思った警察が運転手を問いつめると「まっすぐ前を向いて運転していました」とのこと。それもそのハズ、事故が起きたのは午後8時すぎ、現場は街灯のない直線道路。しかしここを歩いていた自衛隊員は全員夜間の迷彩服を着用していたのです。要するに突っ込む直前まで、前を隊員たちが歩いているとは気付かなかったというのです。