クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
5月5日号

あの感動をもう一度!「2001年充電の旅」
手作り電気自動車で、コンセントを借りながら日本一周の旅を! こんな企画を覚えていらっしゃいますか? 昨年の4月にこの夢イベント「2001年充電の旅」をスタートしたのが日本EVクラブ! 有志が手作りの電気自動車を駆り、旅の途中で各家庭からコンセントを借りて充電しながら日本を回ろうというもの。スタートして、約半年かけて1万79kmを走破。見事日本一周を達成しました! 日本EVクラブでは、5月24、25日に東京都千代田区の東京国際フォーラムで、報告会を開催します。この旅を振り返るとともに、旅のスライドを上映したり、パネル展示、講演会もあるとのこと。近い将来の電気自動車社会の 可能性を探った興味深い旅のエピソードに触れられるチャンスです!


信号をすべて青に変える「FAST」システム、地方都市にも導入!
パトカーや救急車、消防車などの緊急車両が通過する時、進路の信号をすべて青に変え、円滑な通行を可能にするのが「緊急車両情報通信システム(FAST)」! これは、救急車両が進む時、車両に設置された装置によって道路の信号がすべて青に変わるため、赤信号で、他のクルマが交差点に進入してくるというリスクがなく、しかも、減速も必要がないため、現場への到達時間が確実に短縮できるというシステム。東京では警視庁が江戸川区の葛西警察署管内に導入! 大阪でも整備が進んでいます。そして今度、地方都市としてはじめて岡山市にも導入が決定しました。中心部を東西に走る国道53号線と、南北に走る国道2号線の合計7.4km区間をFASTにすると共に改めて、システムに対応した消防車と救急車を100台近くを配備します。ちなみにこの装置が消防車に装備されるのは岡山が全国初となります。