クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月31日号

今年も盗難車No.1はトヨタでした!
米国で恒例の「もっともよく盗まれるクルマ」の統計が今年も発表になりました。ナンバーワンの栄誉に輝いたのは、トヨタ「カムリ」! これでカムリは5年連続第1位!と、うれしいんだか、哀しいんだか分からない栄冠に輝きました。中でも、盗難が多いのは1991モデルのカムリで、このほかにも盗難車ベスト10には日本車が名前を連ねています


韓国でトヨタが大人気!
自由化が進む韓国の自動車市場で、今年2月の輸入車販売実績で、トヨタのレクサスがトップに踊りでました。レクサスのニューモデルは、韓国では昨年の12月に販売され「さすが日本車!」「日本車恐るべし!」などと韓国内で大評判を呼んでいました。そして、ライバルの高級外車を凌いで晴れて韓国でTOPの座に着いたというわけです。


雪解けがうれしくて・・・!
雪解けがはじまり春を待つ北海道で、先日、北海道警察に一般道をものすごいスピードで走っているクルマがあると通報が相次ぎました。調べてみると、制限速度を大幅にオーバーするなんと時速175kmで一般道を走行しているクルマを発見! パトカーに追われて逃走したのですが間もなくスピンして路肩の雪山に突っ込み逮捕されました。捕まった会社員は、「雪解けの道路が気持ちよくて、ついスピードを出した」と白状したそうですが、言語道断!! スピードに強い憧れがあるのなら、サーキットで、ルールを守って安全に人に迷惑をかけずにチェレンジすべきですね。