クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月17日号

ヤマハがバイオに進出!
今、地球の砂漠化現象が問題になっていますが、その地球の砂漠をこれまでの10倍の速度で緑に変えていく技術が開発されました。 ヤマハ発動機が開発したもので、微細な藻類の培養を高度化することにより、 地球温暖化の原因となる二酸化炭素を森林の約10倍の速さで吸収・固定する環境技術を開発。 これによって、砂漠化をストップさせ、砂漠になった大地に再び森を復活させます。 しかもこれは従来の方法より10倍の速度で森を作るという画期的なもの! これが世界に普及すれば温暖化防止にも大きく貢献できると開発スタッフも期待を寄せています。


タクシーもカウントダウンです!?
先週は寝込んでも無事家に着くというタクシーの新システムをご紹介しましたが、 今度は、乗ったときのドキドキを解消するタクシーの新メーター登場の話題です。 タクシーに乗った時、目的地のわずか手前で値段が跳ね上がるという悔しい思いをした経験があると思います。 しかし、こんな腹立たしい経験も、兵庫県ではもう過去のものになるかもしれません。 兵庫県内の一部タクシー会社では、今月から「料金カウントダウンタクシー」が導入され、評判を呼んでいます。 これは、料金計に距離を表示するバーを設け、1メーター上がる距離が近づくにつれて、1本ずつバーが増えていく仕組。 具体的には90メートル手前で1本表示、60メートル手前で2本に増え、30メートル手前で3本目が表示された後に、 すべてのバーがブラックアウト! 同時に料金が上がるという仕組み。 利用者はこのバー表示を見ながら、料金が上がる前にタクシーを降りることが可能になるわけです。素晴らしい!!