クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月3日号

あのチョロQの夢が現実に!
子供の頃、「チョロQ」と遊びながら、あれに乗ってみたい! こんな夢を描いた方も多いと思います。まさにそんな夢が現実のものとなりました。玩具メーカーのタカラは、あの「チョロQ」の電気自動車「Q-CAR」シリーズを発表! 玩具関係者のみならずクルマ関係者をもあっと言わせました。この「Qカー」は、チョロQをそのまま大きくした一人乗りの電気自動車で、レトロ調スタイルの「モダン・タイムス」と、スポーツカー風デザインの「2010」の2種類が登場! どちらもチョロQゆずりの可愛いデザインです。今回発表された2台はいずれも既存のEVを改造したもので。トヨタ系の「アラコ」が開発したものをベースにしています。タカラでは「チョロQモーターズ」を設立して販売にも力を入れていきたい考えで、価格は85万円前後ではないかと関係者は見ています。さて気になるのはこの「Qカー」。タカラだけに、玩具屋さんで売られるの? そんな疑問も沸いてきますが、果たしてどうなるのでしょうか?


父に代わって栄光のル・マンを!
無類のクルマ好きで知られ、スーパーカーブームの火付け役として映画「栄光のル・マン」などに主演したハリウッドの大スターといえばあの故スティーブ・マックィーン! その息子で俳優のチャド・マックィーンが、今年6月にフランスで行われるあのルマン24時間に挑戦することが明かになりました。「栄光のルマン」の撮影の時、父のマックイーンは、自ら走行シーンを演じたいと希望したのですが、あまりにも危険との理由でスタントマンが務めました。チャドさんは「本番のコースで走れなかった父の無念を晴らしたい」とレースに向ける思いを熱く語っています。