クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月28日号

2002年トヨタF1ドライバー正式決定!
来季からF1シリーズに参戦するトヨタ自動車は先日、三重県鈴鹿サーキットでテスト走行を実施! 日本初お目見えを果たしました。その鈴鹿で、来季のドライバーにアラン・マクニッシュを起用することを正式に発表! すでに決まっているミカ・サロと並んでトヨタF1のシートが正式決定しました。マクニッシュはイギリス出身で、F1のマクラーレンやベネトンのテストドライバーを経験。今季はトヨタのテストドライバーを務めていました。また、この席で、テストドライバーには日本人を起用する方針であることを松井誠モータースポーツ部長が明かにしています。


あのF1の貴公子セナが映画に!
1994年にイモラでの事故でこの世を去ったアイルトン・セナがスクリーンで復活することになりました。映画は、事故でなくなる数カ月前を中心に描かれ、主演には『マスク・オプ・ゾロ』などで人気急上昇のスペイン人アントニオ・バンデラスが決定しています。タイトルや公開予定などはまだ未定ですが、実現すればF1の世界を舞台にした初の本格的映画になります。在りし日のセナの活躍ぶりが映画になるなんて、モータースポーツファンには堪えられませんね。


なんと、道路からセンターラインが消えた!?
愛知県の稲沢市。この住宅街の道路にあったセンターラインが、今月に入って突然消えました。といっても誰かのイタズラではなく、れっきとしたこれも安全運転対策! この街を東西に通る市道は、近くに高校や短大があり、朝夕は大勢の通学者が歩く生活道路になっています。ところが道幅は約6.2メートルと狭く、スピードオーバーの車が後を絶たず事故も起こっていました。そこで市ではセンターラインをなくし、道路両側に歩行者のスペースを示す外側線を新設、車道を狭くしました。こうすることで、運転者にはおのずと中央付近を走りたくなる心理が生まれ、なおかつ残った車道部分はわずかになり、普通車ではブレーキをかけないとすれ違いもままなりません。そこでいやでも安全運転をする!というわけでまさに「逆転の発想」の勝利だと関係者は語っています