クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月16日号

フランクフルト国際自動車ショー始まる!
欧州最大の自動車見本市「フランクフルト国際自動車ショー」が13日からスタート。世界初公開の新車が57車種と過去最多の出展で話題を集めています。なかでも「スモールカー」と呼ばれる排気量1000CCクラスの小型乗用車に注目が! 世界的に燃費規制が強まるなか、21世紀はスモールカーの時代というわけです。日本メーカーもトヨタ自動車が超省エネカーを出品したほか新型車を投入! 小型車の本場地元ヨーロッパ勢に対抗しています。


東京下町にサーキットが出現!
先日、東京下町は浅草に、突如としてサーキットが出現しました。実はこれ、ラジコンカー専用の屋内ミニサーキット。あのエポック社が、実車の43分の1・全長約10cmのラジコンカー『インドアレーサー・RCヨンサン』の新シリーズ発売を記念して、9月30日までの期間限定で開設したもの。この「アールシーヨンサンスクエア」では、9月23日まで毎週レースを開催、30日(日)にチャンピオン決定戦を行います。商品は、グアム旅行、鈴鹿F1グランプリ観戦チケットなど、かなり豪華!にもかかわらず、エントリーフィーは無料(入場料100円のみ)です。われこそは!という方は、エポック社MTECH事業部グランプリ係。03-3843-8859までお問い合わせ下さい。


道路工事は減ったけど・・・
都内で渋滞を引き起こす元凶といわれているのが道路工事! ところが実は都内の路上工事は10年前の半分に減っているのです。国土交通省や警視庁、東京都などで構成するグループは、1998年から、集中工事の促進や年末の工事件数抑制などに取り組んできました。その結果、都内の年間工事件数は1992年度(平成4年度)の約1万6000件から今年度は7498件とおよそ半分に減りました。ところが一向に工事渋滞がなくならない気がするとの声に関係者も首をひねっています。