クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月11日号

F1開幕戦はブリヂストンに軍配!
いよいよF1がオーストラリアGPから開幕! シューマッハが見事優勝! 一方、今年のF1はタイヤ競争も熾烈です。16年ぶりにF1へ復帰したフランスのミシュランと日本のブリヂストンが供給先(チーム)をほぼ2分しての一騎打ち! 開幕戦では、ブリヂストンがタイヤを使用したチームが上位7位までを独占! まずはブリヂストン勢が制しました。しかし今後の開発次第では、ミシュランの底力もあなどれません。因みにブリヂストン勢の6チームに対して、ミシュラン勢は5チームが参戦しています。

優しいスピードバンプが登場!
最近は日本の市街地などにも、コブが設けられてる道路が登場してきましたが、この道路の「コブ」=スピードバンプの本家はロンドン! ロンドンでは別名「眠る警察官」といわれるもので、スピードダウンを狙って近頃急速に増えています。しかし、これまでのコンクリート製品のスピードバンプは、たとえスピードを落として通過してもフルに荷物を積んだクルマにダメージを与えるとドライバーから不満も出ていました。そこでお目見えしたのが、低速で通過すると自動的にしぼむというエアーイン式のスピードバンプ。これなら安全運転でコブを通過する場合にはコブがしぼんで車に衝撃が伝わらないというわけです。

トヨタ新ハイブリッド車を発表!
トヨタ自動車は、新しい燃料電池自動車を開発したと発表。新型車は燃料電池のほかに2次電池を搭載したハイブリッドシステム。だたし、これまでのものより一回り大きなSUVの「クルーガー」タイプ!パワーも一段と進化しています。これと同時に、トヨタは2003年をめどに燃料電池車の商品化を表明。この夏からの公道テストを通じ、燃費や安全性などのテストを行う予定です。