クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月4日号

電気自動車で時速300km!
最高時速300キロも可能な電気自動車が試作され、スイスで行われる国際モーターショーに展示されます。これは慶応大学のグループが作ったもので、モーターを装備した計8個の車輪が590馬力のパワーを生み出します。「この技術を生かせば、電気で動くトラックも製造可能」と関係者は期待を寄せています。

免許保有者の最高齢は101才!
このほど警察庁は運転免許証保有者の実体を発表。これによると7468万6752人が免許を保有し、これまでの過去最高だった1999年と比べて約90万人も増加しています。気になるのは高齢の免許保有者で、高齢者(70歳以上)の免許人口は365万8485人を記録。10年前と比較すると実に270%増という、強烈な伸びを示しています。判明した最高齢の免許保持者はなんと101歳! 5人いて、このうち2人は今もハンドルを握っている「現役ドライバー」だそうです。

なんとバスで一夜を過ごしてしまった!
なんと横浜市で路線バスの運転手さんがバスの中で居眠りしている乗客に気がつかず、そのまま翌朝までバスの車内に乗客を置いたままにしてしまいました。この運の悪い乗客は横浜市のJR関内駅前からバスに乗車。前から5列目の席に座ったまではいいのですが、疲れからそのまま眠り込んでしまいました。ところが終点に到着したバスの運転手さんは、乗客が寝ていることに気付かずに、そのままバスを車庫に収めてしまったのです。乗客は途中で目を覚ましたのですが真っ暗でドアもロックされており、仕方なく後部座席で一夜を過ごしました。