クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月11日号

トヨタF1・シェイクダウンの「Xデー」発表!!
トヨタ自動車が、2001年度のモータースポーツ参戦計画を発表。現在開発中のトヨタF1エンジンをF1のシャシーに搭載して3月23日、いよいよシェイクダウンを開始すると明らかにしました。その後、10月頃までヨーロッパのF1開催サーキットを中心にテストを進め、2002年に挑みます。尚、トヨタF1のタイヤはミシュラン、燃料はエクソンモービル社であると発表されました。

自民党に「モータースポーツ振興議員連盟」が発足!
先日、東京永田町の自民党本部で「モータースポーツ振興議員連盟」の設立発表会が行われました。この連盟は、衆参合わせて37人の議員によって構成。発表会では、モータースポーツ振興の支援を約束し、モータースポーツの認知向上や規制撤廃を支援していくことを確認しました。「レースを通じての青少年の健全育成」「公道レースの開催」等のテーマに期待が掛かります。

地域住民の足に太陽光発電の電気自動車を!
市民が参加して太陽光発電システム導入を進めている神戸市で、このほど「太陽光発電による電力で電気自動車を走らせよう」、こんな構想が発表になりました。これは最近各地で盛り上がっている太陽光による「市民発電所」の有効利用の一環で、電気自動車を走らせ地域の高齢者や障害者らが外出するのを支援しようというもの。電力を地域の福祉やコミュニティーづくりに生かそうという試みは例がなく、注目を集めそうです。