クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!

 
1月7日号
☆2001年のクルマ人気カラーは・・・!?
昨年スイスの化学品メーカーが、世界で生産された4000万台の自動車のボディカラーを調べたとろ、ヨーロッパあたりではグレー系が主流になり白や青系を引き離 しました。また、車体の今後の流行については「角型を生かしたフォルムが流行る傾向だと 位置づけています。それに伴い、ボディカラーも黒や赤などはっきりした色合いが主流になると予測しています。


☆新世紀に入って未来型のカーデザインって?
自動車メーカー各社が将来のカーデザインを模索する中、来年は35回「東京モーターショー」が開催されますが、トヨタは、すでにその先2005年のモータショーを視野に入れカーデザイナーの卵を集めた『トヨタゼミ』などを開講。そのテーマに 『2005年TOKYO MOTOR SHOW』を置いて若手デザイナーの発掘や未来のカーデザイン を研究しています。


☆クルマを巡る環境問題も21世紀の大きなテーマです!
昨年、古都京都で未来のエコカーとして注目される、小型電気自動車(EV)を用いた共同利用システム実験が、始まりました。トヨタ自動車の「e-com」20台も参加 して京都の市街地に2人乗りEVを35台配置し、関係企業などが共同で利用・実験を行っています。運転はキーの代わりにICカードを使い、 車両の所在地や利用者などが即座に判別も可能。将来的には観光客も利用できそう!


☆アメリカでハイブリッドカーが主流になる日!

日本では発売以来好調な売れ行きが続くハイブリッドカーですが、先頃。海の向こうアメリカでも、強力な開発計画が発表になりました。ハイブリッド車の開発を、従来のセダンタイプばかりでなくスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)やトラックにも広げるというもの。全米自動車メーカー各社は予定を早め、2003年にもハイブリッドカーの量産を始めると発表したメーカーも出現しています。


☆カーナビ益々進化!

昨年のカーナビ国内出荷台数が159万台になり、カーナビの普及が加速度的に進歩しています。そしてカーナビも進化を続け、音楽配信のMP3を搭載したものや、SOSを知らせる「メーデーシステム」なども搭載した複合的機能も備わって、まさに21世紀は真のカーナビの時代がやってきます。


☆F1GP、今年のシリーズ全17戦!正式日程決まる!

国際自動車連盟(FIA)は、2001年のF1シリーズ全17戦の正式日程を発表。 3月4日決勝のオーストラリア・グランプリで開幕。第2戦マレーシアGP、第3戦ブ ラジルGPと続きます。そして第4戦からサーキットがヨーロッパに移りサンマリノGPを皮切りに第15戦のイタリアGPまでヨーロッパを転戦。今季から復活したアメ リカGPが9月30日、そして、日本GP(鈴鹿)が10月14日!これが最終戦となります。


☆トヨタのF1はミカ・サロでスタート!

2002年からF1シリーズに参戦を表明しているトヨタ自動車は、今年、ドライバー に、フィンランドのミカ・サロ選手を指名! F1参戦初年度となる2002年もサロがドライバーを務めます。また、テストドライバーには、1998年の「ルマン24時間」の覇者、アラン・マクニッシュが既に決まっています。 日本人ドライバー起用の噂もあって、益々トヨタモータースポーツから目が離せません。