クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月29日号

新車の転倒危険度ミシュラン!?を導入!
アメリカでは、最近クルマが転倒する事故が相次ぎ問題になっています。そこで、転倒する危険度に応じた格付けをする制度が12月から導入されます。これを米道路交通安全局が5つ星方式、要するにミシュランシステムで表示します。最も転倒する可能性が高い車は1つ星、転倒しにくい車は5つ星、といった具合。転倒事故に対するドラ イバーの意識を高める効果を期待するとのことですが、的はずれで非現実的との声も上がっています。

東京サマーランドに働くクルマ大集合!
東京サマーランドで、11月11、12日に「第9回はたらくクルマ大集合!」というイベントが開催されます。遊園地の駐車場に、消防車や白バイ、パトカーをはじめ、様々な 作業車輌、工事車輌、特殊車輌など、約40種50台以上の「はたらくクルマ」が大集結します。運転席に座って実際にハンドルを握ったりと体験も出来る上、東京消防庁が 誇る「ハイパーレスキュー隊」の実演など、アトラクションもいっぱいです。

名古屋でカーデザインサミット開催!
先日、名古屋の産業技術記念館で日本の自動車メーカーのデザイン部門のトップが集まり、「カーデザインの未来と使命」をテーマに様々な講演やパネル・ディスカッションが行われました。「いまや、カーデザイナーには、人類や地球に優しい自動車の使われ方の提案を求められている」こんな共通認識のもと、「環境」「IT」をキーワードに「いま求められる自動車像」などが論じ合われました。21世紀にはクルマのカタチはどう変わるのでしょうか?