クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
8月27日号

 アメリカでプリウスが大人気に!
世界的にモータリーゼーションの環境重視が叫ばれる中、トヨタ自動車のハイブリッドカー「プリウス」が、発売早々米国で人気を集めています。7月に発売した直後から、受注台数は予想を超え、早くも年間目標の1万2000台を軽くクリアしそうな勢い。最近米国ではガソリン価格高騰もあって、乗用車の燃費の悪さが批判の的になっていました。そこにプリウスが絶妙なタイミングでアメリカ上陸を果たしたわけです。これからまだまだ旋風を起こしそう!

 軽自動車人気上々!普及率が4割を超えた!
全国軽自動車協会連合会が先週まとめた調査結果によると、軽自動車の全国普及台数が3月末で100世帯当たり40・8台となり、75年の調査開始以来初めて普及率が4割を超えました。98年10月に車体がひと回り大きくなる新規格が導入され、また環境問題などで省エネがトレンドになる中で、軽自動車の人気が全国的に高まったと関係者は見ています。

 タイヤの整備不良目立ちます!
日本自動車タイヤ協会が、東名高速道路で、自動車のタイヤの調査を実施しました。その結果調査車両401台のうち、約4分の1にあたる106台が不良と判断されました。不良個所は、タイヤ溝の深さ不足空気圧不足異常摩耗の順で、車種別ではトラックが39.5%と最大。次いで乗用車が23.1%ということでした。