クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月16日号

 早くもお盆期間の渋滞予測を発表!
もうすぐ夏休みですが、早くもお盆期間中の渋滞予測が、日本道路公団から発表になりました。
それによりますと、下りのピークは8月12〜13日、上りのピークは8月15日。分散化が定着してきて、混雑度合いは例年並み。 期間中予測される大きな渋滞は8月12日の中央道下り線で、上野原インターチェンジ(山梨県上野原町)を先頭に最大60キロ。関越道下り線で花園インターチェンジ(埼玉県花園町)を先頭に最大60キロ。8月15日の中央道上り線で小仏トンネル(東京都八王子市)を先頭に最大60キロなど。
詳しくは道路公団のホームページなどでお確かめください。

日本道路公団のホームページ
http://www.japan-highway.go.jp/


 シートベルトをぬいぐるみで快適に!
子供たちにとって、窮屈なシートベルトは苦手なもの。そこであの圧迫感を和らげるぬいぐるみが登場しました。
これは玩具メーカー、タカラの子会社「ドリームズ・カム・トゥルー」が考案したもので、商品名は「ハローキティ シートベルトぬいぐるみ」。ぬいぐるみ後部の「リュックサック」部分に3点式シートベルトのベルト部を通して使います。こうするとベルトが下にずれて首を締め付ける圧迫感から解放される仕組み。そして子供はぬいぐるみをだっこしながら楽しいドライブが出来るというものです。
対象はチャイルドシートの着用が不要になる6歳以上の児童で、ぬいぐるみの高さは28.5センチ。お値段は約2900円です。


 座席シートがそのまま車イスに!
最近では様々な福祉、介護自動車が開発されていますが、トヨタ車体はワンボックス車「ハイエース」をベースに、車イス用の全自動リフトや、座席シートがそのまま車イスになる「お出かけ機能」を搭載したクルマを発売しました。
お年寄りや体の不自由な方が家族などと気軽に外出したい、そんなニーズに応えたもので、このクルマの特長は「お出かけキャビン」。車の座席シートが自動で路面まで降りて車輪を出します。そのまま車イスとしても使えちゃう、便利な機能。主に福祉タクシー用として販売します。