クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
5月28日号

 全米の営業マンも支持する日本のカーナビ!
最近、益々進化する「カーナビゲーションシステム」。
この度全米で、自動車関連の調査会社が「1999年カーナビゲーションシステム顧客満足度調査」を実施したところ、日本の「デンソー」がNO1の評価を得ました。 「ルート情報の正確さ」「処理スピード」「システムの使いやすさ」などが好評でした。
同時に調査したカーナビの利用状況では、「目的地への最短ルート検索」の他に営業マン御用達の「住宅所在地検索」がベスト3に入りました。


 衝突実験用の超精密人体モデル登場!
みなさんもTVなどで一度は見たことがあると思いますが、自動車衝突実験に必ず登場するダミー人形
このたび、トヨタ自動車は超高性能のコンピューター人体モデルを開発。このダミー人形の名前は「THUMS(サムス)」。骨の強度、皮膚の柔軟性はもちろん、脊椎(せきつい)や関節部分の靱帯(じんたい)やけんまでも、人間そっくりに、サムスのコンピュータにインプットされています。
このような衝突試験用の高精度の全身モデルは世界でも初めてだということです。


 軽自動車も保管場所を届けましょう!
最近地方などでは軽自動車の青空駐車が問題になっています。
東京や大阪など大都市圏ではすでに軽自動車も保管場所は届け出制になっていますが、これまで人口20万人以下の市町村では届け出の義務がありませんでした。このため、軽自動車の青空駐車が緊急車両の通行の妨げになるなど問題となっています。
そこで警察庁は軽自動車(排気量660cc以下)の保管場所を届け出なければならない地域を、これまでの人口20万人以上の都市から、人口10万人以上の都市に拡大する方向で検討に入り、来年1月1日の施行を目指しています。