クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
5月14日号

 2000年モータスポーツ界の注目株!「ヴィッツレース」開幕
「もっと手軽に、ぐっと身近にレース体験」をキーワードに、5月3日、富士スピードウェイでヴィッツレースが開幕しました。このレースが画期的なのは、ナンバー付きの普通車で、サーキットまで走ってそのままレースが出来るというところ。
もちろんプロのドライバーや有名人も多数顔を揃え、マッチこと近藤真彦さんや当「TRDドライバーズミーティング」のナビゲーター・レーサー鹿島も、それぞれのチームを率いて参戦!「TEAM レーサーカシマ with TOM'S」からは伝説のカートチャンピオン李好彦さんが、そしてマッチのチームからは、なんと元バンタム級チャンピオン・薬師寺保栄さんがエントリーし、話題になりました。
注目のレース結果など、当日の模様はトヨタテクノクラフト・オフィシャルサイト[ dream factory ]http://www.toyota-ttc.co.jp/index.html)のTRD特集ページで近日公開します! お楽しみに。


 チャイルドシート、皆着けてはいるものの…
4月から義務付けられたチャイルドシートの着用率を、全国の警察本部が初めて調査しました。これによると着用率が64.6%となかなかの結果で、特に1歳未満の赤ちゃんを持つドライバーの着用率が最も高く、66%に上りました。これは義務化前から比べると25%近くもアップしています。しかし、着用していても、シートに緩みがあるなど正しく使用していないケースも見られ、警察側は「着用率が上がっても、まだまだ意識の向上が必要だ」としています。


 ノンストップで、割引にまでなるなんて!
この春から首都圏の高速道路で始まったノンストップ自動料金収受システム(ETC)ですが、今のところ普及はまだまだ。料金所などでもETCレーンだけが虚しく空いています。
そこで、建設省などではこのシステムの普及のため、ETCを利用すると高速道路料金を大幅に割引く方針を決めました。現在の個人利用者向け料金前払いカードより、更に割り引く方向で検討に入っています。