クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月13日号
 やっぱりアブない厚底ドライブ!
以前もこのコーナーで「厚底靴でのドライブの危険性」の調査報告をご紹介しましたが、大阪府警が全国に先駆けて厚底靴・サンダルでの自動車・バイク運転を取り締まる方針を打ち出しました。
厚底靴はブレーキのタイミングをつかみにくく、原付バイクではバランスを崩しやすいとして、げたやスリッパなどでの運転を禁じた府道路交通規則を適用、違反者には反則金を支払わせるというものです。

 洗って落とせる自動車用塗料登場!
なんと専用洗剤で洗って落とせる自動車用塗料が登場しました。これは自動車用品メーカーのカーメイトが発売するもので、その名も「ビックリペイント」!
塗装に失敗したときに何度でも簡単に塗装を落とせるほか、カーディーラーなどで販売促進時に商品広告を塗装するなど、用途は実に多彩。色も赤や青、オレンジなど全10色のほかに無色透明とういうものもあって、ホコリや細かいキズの防止に、既存の塗装膜の上に塗ることもできます。値段はスプレー1缶当たり2200円とのこと。

 トヨタ自動車の量産車1号が記念切手になった!
郵政省が発売している「20世紀デザイン切手」シリーズの6作目として、トヨタの車が選ばれ、国産量産車の先駆けとなった「トヨタAA型乗用車」の当時の写真がそのまま切手のデザインになりました。
1936年に発売された同車は、官庁での使用やタクシーを意識したセダンタイプ。65馬力で、最高速度は時速110キロメートルに達しました。
なお、9日に発売されたこの切手シリーズにはトヨタ車と並んで「ダットサン10型ロードスター」も選ばれています。