クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月31日号
 2000年早々、高速道路に自動料金システム!
来年から日本道路公団では、自動料金システムを導入します。これはIC付きのクレジットカードで支払いが出来る仕組み。これならいままでよりぐっと短時間で料金所を通過出来ます。
また、このシステムを設置していない料金所では、通行券の代わりにICカードを渡してカードか現金で支払うかを選ぶ事が出来ます。日本道路公団ではこのシステムを来年の1月から東関東自動車道、京葉道路、東京湾アクアラインに設置する予定で進めています。

 日本の宅配便が海を越え台湾へ!
宅配便でお馴染みのヤマト運輸が、台湾でセブンイレブンを展開する会社と台湾で「宅急便」事業を行う契約を結びました。
「宅急便」の海外進出は初めてのこと。これまで台湾には、日本のような宅配便はありませんでした。そこで来春から、台湾に2200店あるセブンイレブンの店頭で荷物を預かる方式でスタートします。
因みにこの会社の名前は「統一速達公司」! いかにも台湾らしい名前ですね

 「全日本GT選手権」最終戦、トヨタ勢大活躍!
10月24日に栃木県のツインリンクもてぎで「全日本GT選手権」最終戦の決勝が行われました。
GT500クラスで、関谷正徳/黒澤琢弥組のカストロール・トムス・スープラがポール・トゥ・ウィンでチームタイトルをGET! GT300クラスではMR2の新田守男選手が3位に入って自らのドライバータイトルとチームタイトルをモノにしました。
また、59才の最年長ドライバー、高橋国光選手はこの日が最後の公式レース。9位でレース人生を締めくくり、観客席からは惜しみない拍手が送られました。