クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月3日号
 266日間タイヤ燃えっぱなし!
 栃木県佐野市のタイヤ置き場で古タイヤ火災が発生したのは今年(1999年)の1月2日。それが先日、実に発生から266日目にしてやっと鎮火しました。
 佐野市の消防本部の発表によると、鎮火したのは9月24日午前6時半、火勢が衰えたあとも山になったタイヤの内部がくすぶり続けたため、今回のような事態になったとのこと。
 空気が乾燥し始める秋、火の元にはくれぐれもご注意を!

 突然のパンク事故にさよなら!
 タイヤバルブ製造最大手の太平洋工業は、乗用車のタイヤの空気圧などを測定し、パンクなどの異常を感知するシステムを開発しました。
 これはタイヤバルブと一体化させたセンサーでタイヤ内の微量な空気の流れを感知するシステムで、常にタイヤの状態をドライバーに教えてくれます。停止状態でも異常が分かるというすぐれもののこのセンサーシステムは、近く発売されるトヨタ自動車の新型車に搭載される予定。
 将来的には、あらゆるクルマの標準装備になってパンクに伴う事故がなくなるのではないでしょうか!

 シャ乱Qの「まこと&たいせー」、ル・マン富士参戦!
 この秋のモ−タースポーツ界の注目の的、11月5日、6日、7日に行われる「ル・マン富士1000km」に、人気ロックバンド・シャ乱Qのドラマー「まこと」とキーボーディスト「たいせー」、チーム監督として参戦します。
 チームの正式名は「RMK冷凍麺レーシングチーム」。スポンサーは冷凍食品関係でも「レースでは燃えます! 心はHOTです」と早くから意気揚々です。派手なイメージのシャ乱Qの中では落ち着いた雰囲気のこの2人ですから、なかなか堅実な走りを見せてくれるのでは !? というのが事情通の間での評判です。