クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月5日号
 「乗ってはいけない」…東京都がディーゼル車に「NO」
東京都では「都内ではディーゼル車に乗らない・買わない・売らない」などを訴える「ディーゼル車NO作戦」を開始しました。
ディーゼル車の排出する窒素酸化物が大気汚染の大きな要因といわれていることから、この運動はスタートしました。しかし、現状ではトラックの99%はディーゼル車で、今回の運動が物流システムへの影響、ひいては物価の上昇を招くのではないかと、トラック業界などを含め各方面への波紋が懸念されます。
東京都でも、当面は都庁に4500台あるディーゼル車のうち40台をガソリン車に買い換えるとともに、大気汚染の状況がリアルタイムで分かる地図をインターネットで流すなどの運動を進めて行きます。これに併行して「ディーゼル YES or NO」と題した討論会や、黒煙を出すディーゼル車の目撃情報なども電話やファクスで募集するなど、この運動への理解を先行する模様です。


 芳香剤にもバーチャルペット・ブーム到来 !?
神戸市の薬品メーカーが子供のための自動車用クリーナーを発売しました。
そのひとつが「チャイルドシート除菌クリーナー」。これは消臭剤配合のスプレー式で、付着した汚れを布地を傷めずに落とし、処理後に子供がなめたり、触れても安全でというモノ。
同時に発売されたキャラクター付き芳香剤「ウブちゃん」は、カッパやモンキーなど、キャラクターの口から餌を模した芳香剤をあげると、香りが発生するアイディア商品。キャラクターがちゃんと食べ終えると香りだけが残り、カスはお尻部分の穴から捨てるというペット感覚がユーモアたっぷりです。
秋のドライブシーズンを前に、こんなカーグッズを用意しておくのはいかかがですか?


 「ヴィッツ」好調! 半年で10万台突破
トヨタ自動車は、「ヴィッツ」の国内登録台数が7月末日で10万台を突破し、10万1041台に達したと発表しました。
今年1月13日の発売以来、半年余りでの10万台突破は、トヨタでも新型車としては最短記録です。「ヴィッツ」の販売目標は月間9000台で、当初の計画よりも5ヶ月も早く目標達成となったわけです。低燃費、安全性、低価格などが評価された結果と関係者は見ています。