クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月27日号
 アメリカの自動車販売好調
全米自動車ディーラー協会(NADA)は、各地の自動車ディーラーの今後12ヶ月の収益見通しを発表。過去5年間で最もいい状態であると述べています。四半期毎に今後12ヶ月のディーラーの収益見通しを調査するNADAの指数が、164ポイントにまで上昇。これは、94年7月の165ポイント以来の高水準ということで、ディーラー業界は笑顔でこの数字を眺めているとか。アメリカの好景気はまだまだ続く気配です。日本はどうなるんでしょうか?

 廃タイヤで発電
いらなくなった廃タイヤがうず高く積み上げられている光景。産業廃棄物の社会問題としてテレビや雑誌など取り上げられることがありますが、廃タイヤを鉄鋼原料や発電燃料など、新しい分野でリサイクルする動きが広がっています。
新日本製鉄広畑製鉄所では、初めて鉄鋼原料に廃タイヤを使って新しい鋼材を生み出す方法を開発、製品化に向けて進めています。
また、電力を供給する発電の世界でも、火力発電の燃料に廃タイヤを使うように準備をしているとのこと。車の再利用も21世紀に向けて多方面での取り組みが見られます。

 危機一髪!ペルシャ猫白バイ隊が救助
先日、東京都葛飾区の江戸川にかかる葛飾大橋で、走行中の千葉県松戸市の主婦の乗用車の窓から、飼っているペルシャ猫が飛び出しました。猫は約8メートル下の江戸川に転落。主婦は猫を助けようと、車を止めて川に飛び込みましたが猫をつかんだまま一緒におぼれる騒ぎ。この騒ぎに白バイ隊が駆けつけ危機一髪救助されました。主婦も猫も無事だったということですが、ペットブームでペットとドライブなんて云う方も多いと思います。こんなことにならないようにくれぐれもご注意を!