Driver's Meeting
スピスク!
Speed Scoop

刻々と変化するクルマの情報を日本から、そして世界からピックアップして、
どこよりもいち早くHOTにお伝えしていきます!  
モータースポーツの楽しいイベント情報もアリ!!
5月16日号

toppage

Driver's Salon

Speed Scoop
■5月16日号
■5月9日号
■5月2日号
■4月25日号

■4月18日号

Present!
■今週のプレゼント! 

神戸のエコカーレンタル会社が定期券を発行!
神戸に誕生して話題を集めているエコカーレンタル会社「神戸エコカー」が、このほどエコカーレンタルの定期券を発行しました。
この会社のある神戸ポートアイランドは、公共機関がポートライナーだけ、という交通事情も手伝って、通勤や仕事でも車を使う人が非常に多い! ところが駐車場はどこも満杯状態! そこでレンタカーが人気でした。そこに目を付けたのがエコカー専門のこの会社。もっと気軽にエコカーを利用して貰おうと定期券の導入に踏み切りました。
用意してある車はハイブリッドカー、電気自動車、天然ガス自動車の3タイプ。定期券は午前9時から午後6時までのデイ・シェアーと午後6時から翌朝9時までのナイト・シェアーの2種類。料金はデイシェアーが月12万円。ナイト・シェアーが月6万円です。この定期券なら、エコセンターを駐車場として利用できるほか、定期券には燃料代や点検、洗車代金も含まれ、しかも神戸市内にある33カ所の提携駐車場も利用OKとあってかなりお得。これからの車利用の一つの方向を示唆しているかもしれません。


自宅にいながら車をGET!です。
アメリカでは去年のクリスマスを境にインターネット通販が大ブレイクして、ネット通販利用者が2000万人をこえました。これに刺激されて、日本でも最近になって大手企業などが通販に名乗りを上げてきました。中でもアスキーやリクルートといったインターネットの先進企業が、インターネットで自動車の仲介販売を始め話題になっています。
そしてソフトバンク社とマイクロソフト、それにYahooが合弁会社「カーポイント」を設立。自動車仲介販売に参入します。これらのシステムは大方、ネット上で車の見積もりを依頼すればメールやFAXで翌日には見積書が送られてきます。勿論その場で購入もOKです。これなら夜中でも新車が買えるわけで、今後どこまで伸びるか注目されています。


中古チャイルドシートにご用心。
先週もチャイルドシートのニュースをご紹介しましたが、改正道交法で来春から義務付けられるチャイルドシートを巡って業界がにわかに活気付いてきた様子。5月11日付の日刊工業新聞でも、「チャイルドシート連絡協議会」の発足が報じられていました。
そんな中で、早くもチャイルドシートの中古品が出回りはじめ、それを危惧する関係者の声も伝わってきています。今後普及していく課程で、バザーやマーケットなどに出回るチャイルドシートの安全性について、もし事故歴のあるシートだった場合、その安全性にかなり問題が出てくるというわけです。お友達からシートを譲り受ける場合にも、事故歴や異常には十分注意と点検を! と関係者は口を揃えています。