Driver's Meeting
スピスク!
Speed Scoop

刻々と変化するクルマの情報を日本から、そして世界からピックアップして、
どこよりもいち早くHOTにお伝えしていきます! 
モータースポーツの楽しいイベント情報もアリ!!
5月9日号

toppage

Driver's Salon

Speed Scoop
■5月9日号
■5月2日号
■4月25日号

■4月18日号

Present!
■今週のプレゼント!

チャイルドシートメーカー休日返上で増産!
改正道路交通法が国会で成立し、来春からチャイルドシートの着用が義務付けられることになりました。それを受けてチャイルドシートメーカー各社は一気に増産態勢にはいりました。愛知県の東海理化では、シートを生産する工場で連日の残業や休日出勤に追われています。
製品は対象年齢別に分かれ、生後1年以下の「ベビーシート」、生後6カ月から4歳までの「チャイルドシート」、4〜10歳の「ジュニアシート」の三種類。価格は13万円台。今回の法改正は0歳から6歳までに義務付けられ、すべての製品が対象となります。 これらの3製品の注文は警察庁が道交法の改正試案を発表した今年の1月から増え始め、一時は注文に出荷が追い付かないくらいに激増。そこでシートのラインを担当する従業員を昨年の三人程度から十人前後に増員し、フル操業。売り上げは昨年の10倍に達するとみています。


バイアグラナンバーは御法度?!
イギリス・ロンドンからのTOPICS。日本でもようやく全国で自分の好きなナンバープレートが選べるようになりましたが、イギリスでは、以前から申請が認められれば、好きなナンバーを入手することが可能です。ゴロ合わせ的なものもOKでした。
ところが、このほどイギリスの運輸当局は、「V14GRA」などのナンバープレートは発行しない! との通達を出しました。この「V14GRA」という表記はあのバイアグラの綴りに似ているから好ましくないというのがその理由です。
イギリスでは、最近になってこんなバイアグラを連想させるナンバーの申請が殺到!当局も頭を抱えていました。そこで今回の処置がとられたわけです。こんなナンバーを申請するほとんどが、夫や恋人にプレゼントしようという女性からで、中には2万5000ポンド(約490万円)もの値をつける人まで 登場したそうです。


「全日本GT選手権レース」でスープラ勢大暴れ!
5月1日〜2日に富士スピードウェイで行われた「全日本GT選手権レース」でトヨタスープラが大活躍。惜しくも優勝を逃したものの、予選では1位.2位.4位と上位を独占してファンを沸かせました。決勝は、激しいバトルの末に59才の大ベテラン高橋国光組のNSXが優勝。2位にはポールポジションからスタートした竹内浩典組のトヨタスープラが入りました。ところで2位に入ったスープラは99年仕様の新型車で、実はレースの一週間前にシェイクダウン(初走行)をしたばかりのNEWマシーンでした。セッティングがパーフェクトでないにもかかわらずP.Pそして2位フィニッシュは快挙でした。そして今週もドライバーズサロンのゲストである近藤真彦さんもスープラでGT選手権に参戦。結果は予選9位からの追い上げで見事6位入賞を果たしています。

お知らせ
「全日本GT選手権」次選は5月29日・30日 宮城県のスポーツランド菅生で行われます。