Driver's Meeting
スピスク!
Speed Scoop

刻々と変化するクルマの情報を日本から、そして世界からピックアップして、
どこよりもいち早くHOTにお伝えしていきます! 
モータースポーツの楽しいイベント情報もアリ!!
5月2日号

toppage

Driver's Salon

Speed Scoop
■5月2日号
■4月25日号

■4月18日号

Present!
■今週のプレゼント!

21世紀の動物園で電気自動車活躍 !
アフリカやアジアの生息環境を再現し「見て学ぶ」21世紀型の動物園「よこはま動物園ズーラシア」が4月24日に、オープンしました。当日はあいにくの雨でしたが、午前9時半の開園前から親子連れなど約400人が列をつくる人気ぶりでした。
この動物園には世界4大珍獣の一つのオカピや世界に約300頭しかいないインドライオンなど国内初公開となる希少動物をはじめ59種315点が飼育されています。また、ここの最大の特長は野生の動物たちが暮らしてきた自然環境をそのまま再現して、自然の大切さを訴えていること。
この園内で活躍しているのが電気自動車。餌の運搬や、スタッフの移動なども環境に優しい電気自動車の仕事です。ズーラシアはまだ一部開園ですがこれが全面オープンすれば世界最大級の動物園になるとのこと。その時には電気自動車がお客さんの足としても力を発揮する予定です。


自動車メーカー各社、欧州に背高ワゴンを投入!
このところヨーロッパで、背高ワゴンの人気が上昇。ヒット車も登場してきました。そこで、日本の自動車メーカー各社が欧州市場に大衆車クラスの背高ワゴンを相次いで投入することが明らかになりました。
日本メーカーが参入するのは、 欧州でCセグメントと呼ばれる大衆車クラスのRV。トヨタ自動車は「カローラスパシオ」の次期型車を投入です。このほか、各社も新型車を投入! まだRV車が普及していないヨーロッパでの次期戦略車として位置づける模様です。