クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。


鹿島 :岡本さん、プライベートで三原さんの車に乗ったことありますか?

岡本 :それがゴルフ行くときに三原さんがピックアップして乗っけて行ってくれるんですよ。

鹿島 :直々に?

岡本 :そうなんですよ。「三原さんの運転じゃ怖いじゃない!」っていったんですけどね(笑) ところがどっこい普通の車よりゆっくりなんですよ。ものすごく慎重に運転して。「あれ?レーサーとは思えないわ」って。そしたら「レーサーってみんなこうなのよ。レース場ではとばすけど、普段はこういうふうに緩やかな走りをするの」って感じで、ホントに振動がない走りなんですね。揺れない。速度は一定であまり変わらない。余計な動きが全くないんですね。静かに運転してるって感じで。

鹿島 :安心感のある運転?

岡本 :安全運転過ぎるぐらい安全運転でビックリしたって感じですよ。

鹿島 :これはね、一般の方にはなかなかご理解いただけない部分なんですよ。ボクもやっぱりレースの帰りは凄い安全運転で、(後続車に)ビュンビュン抜かれますよ。これは乗った方しかわからないですかね?

岡本 :そうですね。三原さんの意外な一面で実はプライベートは飛ばすのが好きなのかなと思ったら、全然正反対だったので私はビックリしました。「私が運転代わるよ三原さん」っていうぐらい、ゆっくりなんですよ。

鹿島 :フハハハ。ちなみに岡本さんの運転スタイルはどんな感じなんですか?

岡本 :これがまた遅すぎてビックリ(笑)! 高速道路を60kmで走ったら「遅すぎる!」っていわれちゃいました。全然流れに乗ってなかったですね。

鹿島 :あ、そうなんですか!? でも、いつもキレのある動き・キレのあるシャベリじゃあないですか。

岡本 :運転はね、運動神経と関係ないんですね。なんか運動神経の悪そうな人に限ってやたらうまいんですよ。私みたいに運動神経が良さそうに見えても運転は向いてないんで、しょっちゅうガリガリ擦ったりしてましたね。最近はやらないけど、前はホントにガリガリやりましたね。センスないんじゃあないかなって感じですね。

鹿島 :車、かなり大きいんじゃあないですか?

岡本 :ちっちゃい車でもガリガリ、大きくてもガリガリ。幅を考えないって感じで…隣に乗る人がいた時は、「左側見ててね」って必ず頼むんですね。「私、右側担当だから左担当お願いします」って。それで、「車線変更は頼むね、左見ててね」って…

鹿島 :手分けして…

岡本 :そうそう。「あ、今行ける、今行ける」って見てもらわないと、車線変更もヘタですから、ホント(運転に)むいてないって感じですね(笑)

鹿島 :助手席とかでこういう運転はちょっとヤダなっていうのあります?

岡本 :やっぱり急ブレーキはダメですね。荷物がガーンと落っこちゃいますしね。あと、カーブの時も緩やかにしないと。化粧してますから顔がなんか変な顔になっちゃうんですよ。
だいたい移動中は化粧したり、物食べたり、電話したりとかしてるもんですから。まあ緩やかな運転がいいですね。あんまりビュンビュン飛ばしてもらってもそんなには着く時間変わらないので、安全運転に徹してもらわないと。もしもって事は絶対あり得るわけですから。命を預かってもらうので、安全運転を心がけて欲しいですね。

okamoto_natsuki


okamoto_photo




鹿島 :岡本さんはホントにいつまでも美しいですよね。秘訣ってあるんですか?

岡本 :秘訣ですか? 秘訣っていうか、この35歳前後あたりから女性はかなりガクンと落ちる人と、キープ出来る人と2通りにわかれますよね。急に老け込んじゃう人と、「どうしてこんなにいつまでも若いの?」っていうのと、わかれちゃうんですよ。
だから食べ物に気をつけて、オリジナルジュースを飲んだりとか、野菜を採ったり、睡眠もとったり、サウナにも行ったり、エステにも行ったり、時には遊んだりストレス貯めないようにしないとやはり顔にブツブツ出来たりしますしね。


鹿島 :なるほど…

岡本 :やっぱり30過ぎると不満があったり、性格的に意地悪だと顔に全部出ちゃうんですよね。ですから、30過ぎた顔はごまかせないし、自分が歩いてきた人生が全部顔に乗り移っちゃうんですね。私はそう思うんですよね。

鹿島 :はい。

岡本 :だから、年取った方で初めてお会いする方でも、「あ、どうも」って挨拶した時に「あ、この人は意地悪だな」ってわかっちゃう。「顔に出てるなあ」ってね。顔に意地悪ばあさんって書いてありますからね。
いくら化粧したからって人柄が顔に出ちゃってますんで、そういう人にはなりたくないなと思いますね。


鹿島 :それは男も同じですかね。

岡本 :男はやっぱり今まで歩んできた仕事の人生の重みみたいなものが1本1本のシワに出てますよね。私は男の人のそんな顔のシワとか結構好きなんですよね。逆にあまりツルツルだと、「なんかこの人おかしいな」って思うんですよね。

鹿島 :フハハハッ!

岡本 :髪の毛が薄くなるのも自然ですし、それを変にカツラでごまかしたり… 海苔みたいなモノをのっけてね。私は自然体の方が好きですね。

鹿島 :いろんな人が岡本さんのオーラやフェロモンを感じて、これでまた明日からより元気にって…

岡本 :フェロモン、オーラはもうないですよ。私はホントにただ、行き当たりばったりで10年が経ったって感じなんですよね。レースクイーンになったのも行き当たりばったりですよ。水着着て傘差しただけでレースクイーンになって、そのままタレントとしてなんとなく10年経ったという感じです。何になろうとか目標もなく、ダラダラ流れて振り返ったらレースクイーンが10年前だった。自分でもビックリしたんですね。まあ、衣装部屋にもレースクイーン時代の水着ありますからね。

鹿島 :えっ、そうなんですか?

岡本 :「手放せない」って感じですよね。そばにずっと置いて、あっ、懐かしいなあと思ったりもしてますからね。原点ですね。まあ、あれはゆずれない自分のお宝としてとってありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週のゲストは先週に引き続きまして、元「サーキットの華」・レースクイーンのご経験もある岡本夏生さんでした。よりパワーアップしたトークいかがでしたか? 
さて、今年の、1900年代のドライバーズ・サロンは今回で終了です。来週、2000年最初のゲストは「レースの鉄人」高橋国光さんです。どうぞお楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

back home