クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
giwara_tsuguharu
荻原次晴
Profile
生年月日:1969年12月20日
出身地:群馬県
血液型:O型
サイズ:170cm、61kg

1994年の全日本選手権で、五輪代表を抑えて総合3位に入賞。リレハンメル五輪後、ワールドカップに参戦し、長野オリンピックでは個人6位、団体5位と入賞を果たす。オリンピック終了後、引退を表明し、ノルディックスキー及びウィンタースポーツ普及の為、メディアや講演会での活動、後輩の育成に力を注ぐ。彼の爽やかでウィットに富む人柄に魅せられるファンは多い。


荻原次晴
 PART2(12月12日放送)

今週は、先週に引き続きまして、元スキーノルディック複合の日本代表、現在はテレビ・ラジオなどで、幅広く活躍中の荻原次晴さんです。バイクレースに出場された話や、フォーミュラ・ニッポンのクルマに乗った話など、爽やかに熱く語って頂いております。今週もじっくりお楽しみ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



鹿島 :バイクの免許は、今年の夏の耐久レースに出るために取られたんですよね?

荻原 :そうなんですよ。でも、昔からすごくバイクが好きで、中学生の頃はもう、毎日のようにバイクのプラモデル作ってましたよ。モトクロスとかオフロードとかね。

鹿島 :バイクは、スキーと共通する部分が非常に多いんじゃあないですか?

荻原 :多いですね。コースを走ってても、ライン取りっていうんですか? アウト・イン・アウトだとか、そういうところはスキーといっしょですよね。

鹿島 :いっしょですか?

荻原 :いっしょですね。スピード感ってことでも、箱に入るんじゃなくて生身の体で風を感じるわけですから、同じだと思いましたし。あと、コーナーで右カーブだったら左膝で押さえて、みたいなのも、重心の掛け方・バランスなんかがスキーと似てますね。

鹿島 :それじゃある意味、バイクには入りやすかった…?

荻原 :入りやすかったですね。

鹿島 :なるほど! でも、サーキットという限られた場所を走るというのは、どうでしたか?

荻原 :気持ちよかったですねぇ。あ、サーキットではクルマにも乗ったんですよ! クルマ用のコースをNSXにちょっと乗せてもらったんです。あっ、その前にアレに乗ったんだ! フォーミュラ・ニッポン!

鹿島 :フォーミュラ・ニッポンに乗られましたか! 2人乗りですか?

荻原 :そうです。あれはもう異常な…!

鹿島 :後部座席に乗られたんですね(笑) あれは280km/hぐらい出してますからね。

荻原 :ですよね! アレは信じられないですよねぇ! クルマがこんなに速くカーブ曲がっていいのかなってぐらい… しかも座席がギュウギュウ詰めじゃないですか! マジックの箱に詰められたような感じで…

鹿島 :横向きのG(重力)が3近くあるんですよ。頭とヘルメットの重さが6kgでその3倍、つまり18kgのオモリをつけてることになりますから…

荻原 :首がググッと、押されるような引かれるような… 横Gもそうなんですけど、いちばんビックリしたのは加速よりも減速ですね! ブレーキを踏んだ時に「ガクン!」とくる、あのショック! アレは凄かったですね。

鹿島 :(微笑)一度体験されると、F1なんか観てても手に汗握ったりしませんか?

荻原 :そうですね。僕たちはスキーというスポーツをやってて、モータースポーツなんて聞くと「なんでクルマの運転がスポーツなのかなァ?」と以前は思いましたけど、乗ってみて「コレはスポーツだ!」と思いましたね(笑)

鹿島 :フフフ(微笑)…やっぱり乗ってみないと解らないところですよね。

荻原 :また乗りたいですね。カルチャーショックでしたよ、うん。

next page
「先頭行ったり後ろ行ったり、みなさんの5倍ぐらい歩いてます」