クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
ohtsuru_gitan
大鶴義丹
Profile
生年月日:昭和43年4月24日
出身地:東京都
血液型:A型
身長:180cm
趣味:車、釣り
特技:料理、素潜り

NHKドラマ・スペシャル「安寿子の靴」で役者としてデビューし、1988年に主演した映画「首都高トライアル」など代表作は多い。1995年の映画「となりのボブ・マーリィ」では脚本と監督を務める。ドラマ・バラエティー・ドキュメンタリーなどTV出演も多数。また、作家としても1990年に「スプラッシュ」で第14回すばる文学賞を受賞して以来、コンスタントに執筆活動を続けており、その豊かな才能はとどまるところを知らない。ちなみに本文にも出てくる奥さんは、歌手のマルシアさん。

子供が乗ってます。
大鶴義丹
 PART2(11月14日放送)

今週のドライバーズ・ミーティングは、先週に引き続きまして、俳優・作家・そしてクルマ好き! の大鶴義丹さんをお迎えしてお送りします。今週もクルマ談義に花が咲きまくりました。じ〜っくりお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンジョイでやってますから…

鹿島 :お忙しい大鶴さんのことですから、スケジュールを調整して、おクルマをいじくる時間を作っていらっしゃるんでしょうね。

大鶴 :(クルマいじりが)好きなんですよね、やっぱり…

鹿島 :いじってると夜が明けちゃったりしますか?

大鶴 :しますねぇ。一昨年まで走行会みたいなのにも出てたんですけど、その時は一晩中いじってましたね。まァ、ロータリー(エンジン)なんで、アマチュアでも手が出し易かったってのがありましたけど。

鹿島 :いやいや、じゃあ走行会の前夜なんかは「明日はこのセッティングで行くゾ!」みたいな…(微笑)?

大鶴 :ええ。コンプレッション計ったり…

鹿島 :それで翌日いいタイムが出たり、自分なりに操れた時は、気持ちがイイでしょう?

大鶴 :そうですね。ただ僕が乗ってたのはFRなんで、ウマくいくとすごく綺麗に流れるんだけど、ヘタすると単なるパワーオーバーになっちゃう…

鹿島 :ああ〜、もう後輪が流れるだけで全然前に進まない…?

大鶴 :ええ。でも面白かったですよ。

鹿島 :またやらないんですか? サーキット走行、もしくはレースを!?

大鶴 :レースはねぇ、さすがにちょっと…。だけど走行会は常に考えてますね。そういう友達が多いんで、たまに話は来るんですよ、「MR2のSW20、NAでエアコン壊れてるんだけど25万であるよ」なんて…

鹿島 :あは(笑)。それを買って改造してサーキット走行車にしないか、ってお誘いが来るワケですね。いいじゃあないですか!

大鶴 :いやァ、ホントにブラブラしながらやってますから…

鹿島 :多分、大鶴さんはクルマに関して完璧主義者でいらっしゃって、そのMR2が手に入ったら、3・4ヶ月ガレージにこもりっきりになる自分が見えてるんじゃあないですか?

大鶴 :だから、ねェ。ウーン… でも好きなんですよ。今、走行会多いじゃないですか? 肩ひじ張らずに、言ってみればモータースポーツの一番底辺の所と接触出来る環境というのは悪くないですね。
それがまた、僕一度だけ経験あるんですけど、フレッシュマンまでやっちゃうと費用もかかるし、楽しくなくなっちゃったんですよね。


鹿島 :いわゆるフレッシュマン、最も入門的なレースですね。

大鶴 :そうですね。レベルが高すぎちゃって。所詮アマチュアですから、エンジョイでやってますからね。それでやっぱり走行会オンリーって感じで…

鹿島 :いろんな楽しみ方があって然るべきですよね。

大鶴 :そうですねぇ…

next page
「僕も子供が産まれてわかったんですけど…」