クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
日の丸しょって
tuchiya keiichi
土屋圭市
Profile
生年月日:1956年1月30日
出身地:長野県

本人も語っているように「峠の走り屋」から始まって、栄光の「ル・マン耐久24時間レース」の表彰台まで駆け抜けた、ご存知ドリフト・キング・土屋圭市。1999年の「ル・マン」では片山右京、鈴木利男と日本人トリオを組んでトヨタTS020を駆った。土屋圭市の夜を徹した入魂の走り、その感動は我々の記憶に新しい。終盤、トヨタ日本人トリオはBMWとの3時間に渡る熾烈な首位争いを繰り広げたが、片山右京がハンドルを握ったTS020のタイヤがゴール間近でバースト。予期せぬアクシデントに優勝は逃したものの、迫真のクライマックスを堪能した観客からは惜しみない歓声と拍手が送られた。

1999年後半は10月10日「富士スピードウェイ・スーパーテック」、11月5〜7日「ル・マン富士1000km」で暴れる予定。

土屋圭市
 PART4(10月10日放送)

先週に引き続き、「ル・マン24時間耐久レース」で見事2位に輝きましたレーシングドライバーの土屋圭市さんをお迎えしております。今週は、プライベートなカーライフや、ここでしか聞けない! ドライビングテクなどを伺っております。じっくりお楽しみ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

好きこそドリの上手なれ

鹿島 :土屋さんはサーキット以外でも相当なクルマ好きと伺っていますが… 今、何台ぐらいお持ちなんですか?

土屋 :全部で10台ぐらいはあるんじゃないですか? 正確にはわからないですけど。

鹿島 :たとえば、どんなクルマを…?

土屋 :まあ、アリストとか。どこに行くにもだいたいアリストですよ。プライベートではNSXとS2000。ちょっと見栄張ってフジテレビに行く時は、S500かSL500。タバコを買いに行く時は… Aクラスでいいかな。犬を乗せて川に行く時は、レグナムかオデッセイ。商品開発しなくちゃいけないですからね、Kオフィスのサスペンション! その時はS15を2台、違う仕様の足まわりをパン・パンとつけて乗り比べ。あとはFDですね。

鹿島 :それだけお車をお持ちで、TPOに合わせて使い分けるのは大変だと思うのですが…なにより、それだけ所有して、置き場があるというのが羨ましいですね… 
ええと、では土屋さんおススメの、マシーンのグレードアップ法を教えて欲しいのですが…

土屋 :そうですねェ… クルマを好きだったらイイと思うんですよ。だからまず、自分の気に入ったクルマ、手に入りやすいクルマを買う。そこからですね。僕はカッコから入りますからね。足まわりを買う金がなかったら、バネをひと巻き半切る。車高を落として「カッコいいだろう!」ってね。順序としては、まずタイヤとホイールですね。そこからエアロにいく。

鹿島 :また、エアロも微妙で、好みが分かれるところですけど…

土屋 :僕はね、ケバイのがダメなんですよ。ディーラーオプションとかで、綺麗なのじゃないとダメなんですよ。スープラの3000GTだっけ? あれのエアロなんかカッコいいよね。あのTRDのエアロは綺麗だね。

鹿島 :綺麗ですよネ。あとはやっぱり足まわり。土屋さんがおススメする第1段階があって、もうちょっと走りを突き詰めて「サーキット走行も最近やるんだ」みたいな方には、どんなモノが…

土屋 :どっちかというとね、TRDとかニスモとかマツダスピードで出してる「足」が初心者・中級者ぐらいまでをカバーするわけだよね。で、やっぱりああいうのは、メーカーだからギンギンにはやってこないから、「ノーマルに比べたら全然いいでしょ!」って足で、そっから入っていけばいいんじゃないのかな。
それで「あっ、クルマって楽しいんだ」ってのがわかって来て、そこから走り屋になって行くっていうね。まあ、クルマ好きから入っていくことだろうね。

next page
「だから嫌われるっていうか、敵が多いんだろうね…」