クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
キノコも生えようってモンですよ。
所ジョージフォト
所ジョージ
Profile
本名:芳賀隆之
生年月日:昭和30年1月26日
出身地:埼玉県所沢市
血液型:O型
身長体重:172cm、63kg
趣味:暮らし向き全般

1977年、シングル「ギャンブル狂騒曲/組曲冬の情景」でフォークシンガーとしてデビュー。軽妙なトークとポップなキャラクターで、TV・ラジオの司会者としてもお茶の間の人気を集める。CM出演も多数。カーマニアぶりも有名で、編集に携わるクルマ専門誌「Lightning」(ティヴィクラブ)は創刊 5周年を迎える。芸名が出身地に由来することは有名だが、現在は東京都成城に在住、2児のパパ。

シンガーとしては「所ジョージシングル大全集 GEROGE TOKORO NOW AND THEN」(VPCC-84144-5)を 7月にリリース。著作も多数あり、最新刊は 7月に出版した「日々、これ口実」(小学館文庫)。「Lightning」最新10月号は8月30日発売。

所ジョージ
 PART2 (8月29日放送)

先週からお送りしている、所ジョージさんのドライバーズ・サロン! 2週間シャベリっぱなし! というのは大袈裟ですが、ホントにクルマが好きなんだなァ〜! と思わせてくれる話題がポンポン飛び出します。 先週にも増して楽しいドライバーズ・サロン。ジックりとお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じじゃねえかよ!

鹿島 :所さんがクルマを買う際の「選ぶ基準」というのは何なんですか?

 :あ、ナルホド。今まで買ってきたクルマ、ね。やっぱカタチですね、カタチ! もう性能だとかはプロの方が考えればイイわけでネ。ボクはそんな走り屋さんじゃないんで、単純にカタチです。涼しげであったりとか、あとは…。 ウ〜ン、どうしてもカタチですね。

鹿島 :じゃあ一目惚れして衝動買いしちゃうようなコトもある…?

 :ほっとんど衝動買いですよ。だからいつも困ってんの。
「アメリカにある」ってハナシだけ聞いて、乗らないで買ったりとか。埼玉のドコソコにあんなのがあったなってなれば、電話で「アレ持ってこい!」ってね。そしたらハナっからエンジンかからないクルマで、積載で来たりなんかしてネ。
まあどうせ乗る前に1回、知り合いの所でイジるんで、元はどうでもいいんですよ。動かなくても何でも。(修理する方は)「またこんなの来ちゃったよ!」って、なんか四苦八苦してるみたいだけどネ。


鹿島 :値段の交渉なんかも所さんが直々にされるわけですか?

 :ウチは一方的! 新車は買わないじゃないですか。そうすると、「大体こんな値段で(市場に)出てるんだから、このくらいの値段で売ってよ!」とか、「壊れてんだからこうしてよ!」…そんな交渉ですよ。欲しいから別にいくらでもイイんですけどね。

鹿島 :クルマのメンテナンスとか洗車とかは、ご自分でやられたりとか…?

 :やりますよ。事務所の裏でずーっと洗ってたりとか、もう気が遠くなりますよ。アメ車はデカイから、ワックス掛けなんかは吐いちゃうネ。


鹿島 :バンパーですとか、メッキ物だったりすると大変ですよね。

 :メンドくさいよね、ホントに。でも、最近はワックスがイイからね。拭き取りが簡単だったりとか…ま、何でもいいんだけど。

鹿島 :カルナバロウ100%とか…

 :あー、アレね。あれ、(ガソリン)スタンドで1500円、2700円かな、それと4000いくらと3種類のモノが売ってるわけだよ。
どう考えたって「高いヤツがイイだろう」と手に取るじゃないですか。で、裏側見るじゃない? そうするとそのナントカカントカ(カルナバロウ)の成分が書いてあるわけですよ。「あー、こういう成分なんだ」と。それでガソリン入れてもらってる間に、「じゃあこの2700円のはどうなんだ?」って見るじゃない? 
…同じじゃん! 「1500円のはどうなってんだ?」って …同じじゃねえかよ! 同じなのよ、成分が! どーゆーコトなの!? 「4000いくらの方がモツんじゃないか?」ってイメージだよね。でも、成分表見たらネ…。 あれ、少し成分表変えろよ!! 少し変えなきゃダメだよ!


鹿島 :配合が違うんじゃあないですか!?

 :いや! (ドンと机を叩く)同じコト書いてあった… だって、同じシールだもん、貼ってたの! オレは見るからね、暇だから。 …でもネ、4000いくらの買うの、やっぱり…(2人フフフフ)。 
どうしてなんだろ? …同じだったら1500円のでいいんだけど…(高いほう)買うのね。さんざん確かめて、でも、やっぱり4000いくらの方を買っちゃうの。「(高い方が)光るんじゃないだろーか!?」

next page
「あーとか、うーとかさ、ぎゃえーとかいってるよ」