クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。
色・ニオイ・エアコン・左ハンドル。
所ジョージフォト
所ジョージ
Profile
本名:芳賀隆之
生年月日:昭和30年1月26日
出身地:埼玉県所沢市
血液型:O型
身長体重:172cm、63kg
趣味:暮らし向き全般

1977年、シングル「ギャンブル狂騒曲/組曲冬の情景」でフォークシンガーとしてデビュー。軽妙なトークとポップなキャラクターで、TV・ラジオの司会者としてもお茶の間の人気を集める。CM出演も多数。カーマニアぶりも有名で、編集に携わるクルマ専門誌「Lightning」(ティヴィクラブ)は創刊 5周年を迎える。芸名が出身地に由来することは有名だが、現在は東京都成城に在住、2児のパパ。

シンガーとしては「所ジョージシングル大全集 GEROGE TOKORO NOW AND THEN」(VPCC-84144-5)を 7月にリリース。著作も多数あり、最新刊は 7月に出版した「日々、これ口実」(小学館文庫)。「Lightning」最新10月号は8月30日発売。

所ジョージ
 PART1 (8月22日放送)

今週は遂に登場、所ジョージさんです。ホント〜にお忙しい中お時間を頂き、都内のオフィスにおジャマしていろいろとお話を伺いました。とにかく楽しいドライバーズ・サロン。ジックりとお楽しみ下さいッ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニオうクルマじゃないと。

鹿島 :今週のスペシャルゲストはッ! この方です!

 :ポテポテポテポテポテ、所ジョージさんです。

鹿島 :ヨロシクお願いします!

 :イヤ〜、ワタシがこの番組に出ないほうがおかしいもんネ! そうですよ! いろんなクルマ好きの方が出てるんでしょ!? なんでワタシを差し置いて出てしまうのか?

鹿島 :満を持して、ってカンジですね。
…じゃあまずはですね、所さんはこれまでいったい何台ぐらいのクルマを所有してこられたのですか?

 :ああ…ネッ(笑)。ウチの親戚、縁者とかが聞くと悲しむだろうな〜。特に家族には聞かせたくない… でも、知ってますからね。
まあ100台は超えてるんじゃないですか。それで買うたびにホイール、タイヤ、ステアリングと買ってくるじゃないですか! そうするとネ、タブン、ハンドルの数の方が多いんじゃ〜ないでしょうか。


鹿島 :ハハハッ(笑) クルマ1台あたりハンドルが2・3本。

 :そうだね。ハンドルでしょ、タイヤも多いよね。…ホイールもね。そのまま(の状態で)乗ってるってコトが、まずありえないからネ。
それはね、なんでかというと、ボクのモノじゃなくなって違うところに行ったら、その人のモノになるじゃないですか? 次のオーナーのモノにね。…それがイヤなんですよ。やっぱり、誰が見ても「あっ、これ所ジョージのクルマだな」と… 色とか、ニオイがついてないと。イヌみたいですけどね… ダメなんです。


鹿島 :クルマにマーキングするってコトですか?

 :そうだね。次の人が収拾つかないほどノーマルのパーツが残ってナイ!…というネ。いつも、イジってくとノーマルのパーツは全部ナゲちゃいますからネ。とっておくと戻そうとするじゃないですか。だから戻しがきかないようにネ。

鹿島 :所さん色を拭い去れない状態で、仮に売ったとして…

 :そうですネ。世の中、いっぱいワタシのクルマ見かけますよ。買った人も「コレ、所ジョージさんのクルマでしょ?」って言われるみたいですね。

鹿島 :あ、でも、それは幸せですよね?

 :そうですネ。でも、そこまで至るには大変なおカネと、大変な手間がかかりますよ。
でも(改造を請け負ってくれる業者の)中には 「マズイよ、コレ相当安い金額でやらなくちゃいけない」って勝手に思ってくれる優しい方とかね。そういう方たちの中には、ワタシに急かされるは、商売になんないはで、泣いている方もいるんじゃないでしょうかね。

next page
「ワタシが絶対オメーの前を走る、オメーは後ろだ」