TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島
ドライバーズサロン

初めての女(ひと)。

TOP PAGE

Driver's Salon
■松崎しげる
 ・PART1(6/27放送)
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop

Present!
■今週のプレゼント!




竹中ひろみ
Profile
実況アナウンサー

モーターショーのコンパニオンから日本のレース実況アナウンサーに転向した筋金入りのオートモービル・レディ。(母上はカローラの初代モデルというから、トヨタとは生まれる前からのおつきあい!? ) 特に実況アナウンサーとしてのキャリアは、パイオニアともいえるポジションで燦然と輝いている。レース中、ナイスなドライビングを見せているレーサーの名前を、順位にこだわらず絶叫するその実況スタイルには他の追随を許さないキレがある。実況アナウンサー界のポール・ポジション、それが竹中ひろみだ。 
竹中ひろみ
 PART2 (6月20日放送)

このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなどレーサー鹿島が本音に迫ります。

今週は先週に引き続きまして、日本のレースシーンの歴史、ドライバーの素顔を最もよく知っていらっしゃる方、日本のレース実況のパイオニアの竹中ひろみさんをお迎えしております。竹中さんがこれまでに感動したこと、サーキットの魅力、そして夢などをレーサー鹿島が伺っています。さらに2人はある約束をしました。果たしてどのような約束なのでしょうか? じっくりお楽しみ下さい。

かけられるくらいなら、飲ませて


鹿島 :竹中さんには日本のレースの歴史、ドライバーの素顔などをお伺いしているんですが、ドライバーとのふれあいの中で涙が出た、なんてエピソードありますか?

竹中 :たとえばネ、長く苦労してきて初めて表彰台上がった選手に抱き付かれたこともあります。「勝ちました〜ッ!!」て言われて・・・。あれってやっぱり嬉しいですね。
あと、今、フォーミュラ・ニッポンで走っています光貞選手がF3に乗ってらした時に、マカオに行くことになったんですよ。で、「お土産買っていらっしゃいネ」って思わず言っちゃたんです。そしたらちゃんと買って来てくれたんですよ! 香水のセットをネ。また、それを渡してくれる時の仕草がいいの。「僕、女性にプレゼントするの初めてなんです。何買っていいのかわかりませんでした」って言われて・・・なんて可愛いのかな? って思いました。ハイ!


鹿島 :彼の人生においてまさに初めての・・・

竹中 :どうでしょうか・・・
鹿島 :レーシングドライバーって、スタートしたあとは孤独な仕事だと思いますよ。それで、実況の竹中さんの姿っていうのが、何となくゴールした後でよぎったりする事が、僕はあるんですよ。

竹中 :そうですか? でも、いわゆるスーパー耐久クラスなどですと、窓をあけていると私の声が聞こえる場所があるっていわれますよ。

鹿島 :あります。一昨年のレース中にヘアピンでコースアウトして壁にぶつかっちゃたんですよ。その時に「おっと、ここでレーサー鹿島が〜」っていうのが聞こえました。やっと名前呼ばれたなと思いました。

竹中 :そうでしたか・・・ごめんなさい。

鹿島 :イエ! 実況の方って、いろんな意味で一体感あるんですよ。ある種、母であり、姉であり・・・

竹中 :(しみじみ)母ネ。

鹿島 :だから勝った報告を真っ先に表彰台でする方がいても納得出来ますよ。

竹中 :抱きつかれるだけならいいんですけど、シャンパンかける方もいますから・・・。アレはメチャクチャですもん。もう、「お願いだからやめて〜ッ」て。どうせだったら飲みたいと思いますよ。

鹿島 :ハハッ。お酒は結構飲まれるんですか?

竹中 :そうですね、ソコソコは。

鹿島 :じゃあ次はかけられるぐらいなら飲ませてくれって言ってみたらいかがですか?

竹中 :それはこないだ、山口県のMINEサーキットのGTレースで飯田章選手にビンごと渡されまして、表彰台で飲まされました。

鹿島 :ビンごとですか? こりゃまた、豪快なエピソードですネ。


next