TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島
ドライバーズサロン

遊びじゃないんだっ。

TOP PAGE

Driver's Salon
■松崎しげる
 ・PART1(6/27放送)
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop

Present!
■今週のプレゼント!



 関谷正徳カー

関谷正徳
Profile
1949年11月27日生まれ
出身地 : 静岡県
血液型 : A
身長  : 168cm

1971年「富士500kmレース」でデビュー。 77年の「富士GCスーパーツーリング選手権」でのシリーズ優勝などを経てトムスと契約。トヨタのエースドライバーとして国内外で活躍。1995年には「ル・マン24hレース」で日本人初の総合優勝を果たす。今シーズンは、トヨタスープラで「全日本GT選手権」に参戦。第3戦(5/30・SUGO)99年型スープラに初の1勝を・・・。

関谷正徳
 PART2 (6月6日放送)

このコーナでは、レース関係者はもちろん車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなどレーサー鹿島が本音に迫ります。

今週も先週に引き続きまして、伝統の『ル・マン24時間耐久レース』日本人唯一人の優勝者の関谷正徳さんです。ドライバーとしての心得など、いろいろ聴いています。じっくりお楽しみ下さい。

わかりますか? 伝わりますかね?


鹿島 :まず今日はですね、一般のドライバーの方にドライビングのアドバイスをいただきたいんですが…。

関谷 :そうですね。僕はいつも若い人にいうんですけど、僕らがサーキットで走っているテクニックと、一般道を走っているテクニックというのは、まったく同じものなんですね。
サーキットは特別だと考えている方が多いと思うんですけれども、まったく道具は一緒なんですよ。レーシングカーと一般車の違いといえば、性能が違うだけなんです。


鹿島 :ハンドル、ブレーキ、アクセル、クラッチ、タイヤ…、同じですね。

関谷 :そういう事を理解していただくことと、すごくシンプルな話ですが、自分で明確な目的を持つことですね。
たとえば僕は御殿場に住んでいるんですが、東京に行くにあたって注意していることは、ある時は5メートル先、ある時は10メートル先、30メートル先、150メートル先、と自分で行きたい場所を明確に決める事なんですね。それがすごく重要な要素だと思います。
さらには、自分がどうしたいかという意思表示を明確にする事。これで非常に安全な運転が可能になると思います。
鹿島 :これは、高速道路の合流とかそういう場合のお話でしょうか?

関谷 :高速道路でもそうですけれど、ブレーキランプもついていれば、方向指示器もついていますし、ライトもついています。そういう道具を使って自分が何をしたいんだということを、周りのドライバーに明確に教えてあげる。そのためにもハンドルを握っている自分が、ドコに行きたいのかという明確な目的を自分で作ることなんです。わかりますか?

鹿島 :わかります。これは逆に言えば、明確な目的を持っていないドライバーは、運転も…ということですよね。

関谷 :「あッ、この車ちょっと危ないなッ!?」と思ったらヨソ見していたり…ネ。
自分の場合は、本当に瞬間、瞬間に目線は常に移動しているんです。そこで自分はドコへ行きたいか!? ということをハッキリさせておく必要があると思うんですね。


鹿島 :100キロ先にある目的地だけでなく、直前を意識しながらですね。

関谷 :そうすると100キロという距離は問題じゃなくなる。その積み重ねです。

鹿島 :そうすれば、ワキ見運転での事故はなくなりますね。

関谷 :間違いなく、なくなりますね。まあ、神経を集中させるのも非常に疲れますから、150メートル先の目的を使ったときには、ちょっと瞬間休憩。ちょっとリラックスされると、比較的楽に疲れないで集中して運転出来ると思いますけどネ・・・。伝わりましたかね?


next