TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島
Driver's Salon

謝ったけどダメだったんだ

近藤真彦


TOP PAGE

Driver's Salon
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop

Present!
■今週のプレゼント!
 
鹿 :話がガラリと変わりますが、洗車とかメンテナンスは、ご自分でやられたりするんですか?

近 :洗車は、なるべくやるように心がけています。そうするとやっぱり愛着が沸いてきますからね。で、やるときは徹底的にやります。車のつなぎ目をね、楊枝でやるタイプ。

鹿 :すごいですね。エアコンの吹き出し口とかも…

近 :楊枝で外も全部。昔、フェラーリはそうやってました。最近は、もうガレージに入って埃をかぶってますけど… ただ埃っていっても、イメージしちゃダメですよ。オレの埃は、ほんのちょっとでも埃ですから…。

鹿 :顕微鏡で見ないとわからない?

近 :確かにピカピカです。ここ(富士)に来るときも、ピカピカにしてきたんですが、一瞬雨が降っちゃってムカつきました。一瞬しか降らないなら、降るんじゃねえって!!

鹿 :ハハハ…もともと綺麗好きなんですね。でも、そうやって可愛がっているとトラブルとかあんまり起きないんじゃあないですか?

近 :可愛がってないと起きるんですよ、トラブルが! 不思議だね。僕は、雨の日は絶対いい車に乗らないことにしてるんです。

鹿 :フフフ…

近 :汚れるしね。ところが、途中で雨が降って来ちゃったことがあったんです。その日は用事があって、都内のホテルに泊まらないといけなかったんです。ホテルの地下駐車場がもう時間でダメで、外に置いといてもらえますかって言われたんです。でも、雨が降ってますから、困るって言ったんですけど、結局ホテルの前だったら…って事になりまして、止めさせてもらいました。
その頃乗っていたフェラーリ328を、僕は『カノジョ』って呼んでたんですね。ちなみに今のテスタロッサは、『カレ』です。
『カノジョ』は、雨に濡れて一晩外にいた訳ですよ。朝、僕が仕事に行くときにクラッチが張り付いちゃったんです。今までそんなこと1回もなかったのに…


鹿 :カノジョは、待ちくたびれちゃって…

近 :これは怒ったんだと思いました。謝りましたよ。車の中で、「すまん」と。

鹿 :で、謝ったとたんにクラッチが!

近 :いや、ダメです。そのままトレーラーで持っていってもらいました。

鹿 :大変な『カノジョ』でしたね…。

近 :ええ…。
コンド〜です







約束は守ってこその男

鹿 :2週に渡っていろいろとお伺いしてきましたが、最後に夢をお聞きしたいのですが、マッチさんの夢はなんですか?

近 :もちろんレースに勝つ! っていうのは、一番近い目標ですね。夢みたいなモノになりますと、やっぱり日本一のチームを持つことですかね。いつまでも乗っていられる訳ではないですから。中には、40歳・50歳まで乗っている一級の選手の方もいますけど、もしかしたら僕もそこまで乗っているかもしれませんが、その時には自分のチームで、自分でプロデュースしてやりたいんです。ヨーロッパに負けない日本一のチームを作ってね。日本にもこんなチームがあるんだっていうぐらいのチームを必ず作ります。

鹿 :そして、世界ですね。

近 :世界へ行きたいですね。その時は、鹿島さんに乗ってもらって…

鹿 :もう、ホントに。今、どうやってそのことを切り出そうかと…本当によろしくお願いします。

近 :ハハハ…ぜひ!!

鹿 :約束ですから。

近 :えっ? 約束なの!? その代わり条件はたくさんありますから、そのハードルを乗り越えてね。

鹿 :……。 これはレースをやっているすべてのドライバーに可能性はあるわけですよね?

近 :そうそう。それで僕は亜久里さんとか、中嶋さんみたいにF1ドライバーにはならなかった、なれなかったですけど、これからの選手をF1に送り込むことは、出来ると思うんです。今はまだ若いからアレですけど、将来は必ずやります。

鹿 :レーシングドライバーの経験がある人がチームのオーナーや監督をやるというのはどうなんですか?

近 :ドライバーの立場になって、物事を考えられるよね。ただ、それがまたいいとは限らない。ドライバーの事なんか関係ないよ。そんなことに気を使っていたら、いい車出来ないよ。って言われたらそれまでだし…。難しいね。だからチームワークよ、チームワーク!

鹿 :これから日本のモータースポーツをどんどん盛り上げてください。

近 :頑張りましょう。一緒に頑張りましょう!


本当に本音でいろいろなことを語っていただきました。日本のモータースポーツ界の未来は、もしかしたらこの2人が背負っていくのかもしれません。近い将来、監督:近藤真彦、ドライバー:レーサー鹿島。なんて事もありえるかも…ないかな? 2人は、5月30日の菅生での再会を約束して握手で分かれました。

Driver'sSalon、来週のゲストは元バレーボール日本代表のエースアタッカーで、今シーズン、「フォーミュラ日本」TV中継リポーターの、大林素子さんです。お楽しみに!


backhome