TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島
Driver's Salon

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、
車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、
カーライフ、レースのエピソードなど本音で披露していただきます。

TOP PAGE

Driver's Salon
■松崎しげる
 ・PART1(6/27放送)
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop

Present!
■今週のプレゼント!

 
レーサーに憧れたことはなかった
マッチ・メット

近藤真彦
Profile
1964.7.19生まれ
出生地:神奈川県

1980年「スニーカーぶるーす」でレコードデビュー。たのきんトリオとして一世風靡。アイドルとして活躍しながら1984年富士フレッシュマンレースでカーレーサーとしてデビュー。
その後全日本F3選手権などに参戦。レーサーとしての地歩を固め1994年にはル・マン24時間耐久レースに参加。全日本GT選手権第3戦(初優勝)など大活躍。そして1996年から全日本選手権フォーミュラ・ニッポン/全日本GT選手権。で活躍中。
近藤真彦
 PART1 (5月2日放送)

鹿島:今週のゲストは、ミュージシャン、アクターでかつ、レーサーの”マッチ ”こと、近藤真彦さんです。
今シーズンは、『全日本GT選手権』と『フォーミュラ・ニッポン』を中心に活躍されてます。『全日本GT選手権』第2戦が行われる富士スピードウエイのパドックで、練習走行直後の近藤真彦さんと、同じく練習走行後のレーサー鹿島がレースさながらの熱いトークを繰り広げました。じっくりお楽しみ下さい。

鹿 :いろいろとお伺いしたいのですが、まずはレース歴今年で何年ですか?

近 :12年ぐらいやっているんだと思います。ただ、一番始めに乗っていた頃は、1年に1レースとか、2レースぐらいしか出てなかったです。富士のフレッシュマンだったんですけど。それで、ちゃんと全日本のシリーズに出るようになってからは、8〜9年ですかね。

鹿 :今シーズンは、『全日本GT選手権』にスープラで、そして『フォーミュラ・ニッポン』、全部で何レースですか?

近 :『フォーミュラ・ニッポン』が10戦で、『GT選手権』が8戦です。

鹿 :かなりハードですね。

近 :そうですね。でも、ここ何年かはずっとこうです。’95年、’96年は、これにル・マンが加わったりとかしてましたから。
鹿 :レースを始められたきっかけというのは、なんだったのですか?

近 :車が好きだ!っていうのは基本ですね。レーサーに憧れていたというのは、ほとんどなかったです。レースが職業として成り立つ。とか、仕事として成り立つ、なんて事は知らなかったです。
だから、なんでなったのかな…?(考) あの、某車会社のコマーシャルをやってたんです。それでそこのワークスのドライバーのスター選手が、星野一義さんだったんですね。それをきっかけに会う機会を作っていただきまして、会いました。その時に星野さんに『一回サーキットに遊びに来いよ!』って誘っていただきまして、行ったんです。そして星野さんの走ってる姿を見て、やりたい!…単純です。
それで、富士のフレッシュマンレースから始めました。そのレースは朝一にやるんですが、もう前座の前座の前座ぐらいで、誰も見ていないような訳です。それで、その日一番のメインレースに、星野さん達の車が、”わあっ ”と出てきてグリッドについて、そのスピードを見てこれは、すごい世界だな。と、思いました。まさか自分がね、ここまで乗るとは思わなかったね。

next