TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、
車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、
カーライフ、レースのエピソードなどを本音で披露していただきます。

TOP PAGE

Driver's Salon
■松崎しげる
 ・PART1(6/27放送)
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop

 





 PART2 (4月25日放送)

鹿:今週のゲストは、先週に引き続きまして、日本一速い女優で、レーサーの、三原じゅん子さんです。同じチームの先輩、後輩の間柄ということで、トークの方はますますヒートしていきました。今週もじっくりお楽しみ下さい。

もうすぐゴールデンウィークですが、ドライブなどに出かけられる方も多いと思います。そんな方々にアドバイスをいただきたいのですが・・・特に女性ドライバーの方に。

三:女性ドライバーの特徴ってあると思うんですね。女性の方は、一点しか見ていませんね。

鹿:それは、視野が狭まい。ということですか?

三:そうですね。たとえば、信号が赤になったら止まる。それはそれでいいんですが、その時赤信号と前しか見ていないんですね。信号で止まる時には、後ろをミラーを見ることも大事なことなんです。なぜかと言いますと、自分が赤で止まっても、後ろの車がもし止まれずに来たら、自分はお釜ほられちゃうわけです。ですからそうゆう事も憶えておいた方がいいと思いますね。本当にみなさんミラー見てないですからね。

鹿:そういえば、以前商店街ですれ違った女性の車、サイドミラー両方ともたたんだままの状態でした・・・

三:普通は怖くてできないですよね。右折するときは、右しか見ない。自分が行きたいところしか見ないんですよね。あれはとっても怖いです。じゃあ〜どうすればいいのかって言いますと、とにかくいろんな所を見ることですね。いろんな所を見たからって、集中力が散漫になる訳ではない。と、いうことから考えを変えていかないとね。

鹿:あっ、黄色だ。ルームミラー見て、サイドミラー見て、それからブレーキ踏むぐらいの余裕ですかね?

三:あと、流れに乗ることね。

鹿:流れにね。高速とかの合流地点で入ってきそうで入ってこない方、結構多いですよね。

三:あなた!一生入れないよ、それじゃあって方いますよね。

鹿:ハハハ・・・いますね。

三:止まったら、アウトよ。あれはダメ!高速も制限速度ありますけども、自分だけゆっくり走っていればいい。と、いうものではないと思うのね。とにかく、流れに乗ること。止まる時も、加速する時も、ただ高速を走っている時でも、流れに乗ることがマナーのような気がしますね。

鹿:これは、同じ女性として流れに乗れない何かがあるんですか?

三:(考)ウ〜ン・・・自分勝手なの・・・

鹿:ハハハ。そうなんですか?

三:私は私よ!ってね。その気持ちをみなさんチョットご協力するという気持ちで運転をする。と、いうこと大切だと思いません?

鹿:マナーといいますか、心の部分が大きいと。

三:絶対そう思います。優しい運転をゆっくり走る事と勘違いしている人もいますから・・・。協力的にみなさんに気を使って走りましょう!でも、オドオドしていると、余計危ないですよ。


next