TRD Driver's Meeting
レーサー鹿島

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、
車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、
カーライフ、レースのエピソードなどを本音で披露していただきます。

TOP PAGE

Driver's Salon
■松崎しげる
 ・PART1(6/27放送)
■竹中ひろみ
 ・PART1(6/13放送)
 ・PART2(6/20放送)
■関谷正徳
 ・PART1(5/30放送)
 ・PART2(6/6放送)
■大林素子
 ・PART1(5/16放送)
 ・PART2(5/23放送)
■近藤真彦
 ・PART1(5/2放送)
 ・PART2(5/9放送)
■三原じゅん子
 ・PART1(4/18放送)
 ・PART2(4/25放送)
■土屋圭市
 ・PART1(4/4放送)
 ・PART2(4/11放送)

Speed Scoop


 


三原じゅん子
Profile
1964年9月13日生まれ
血液型 PH+B
出身地 東京都

レース歴
1987年 レースデビュー
1989年 筑波ワンメイクシリーズ参戦 シリーズ8位
1990年〜1991年 全日本ツーリングカー選手権参戦 
1992年 スパ24時間(ベルギー)レース参戦(MR2)
1993年 トヨタワンメイクシリーズ参戦(トレノ)シリーズ7位
1994年 スパ24時間レース参戦(レビン)クラス3位、フォーミュラトヨタ参戦
1995年 スパ24時間レース参戦(レビン)クラス優勝、N1耐久シリーズ参戦(レビン)クラス3位、フォーミュラトヨタシリーズ参戦
1996年 全日本GT選手権参戦(MR2)、N1耐久シリーズ参戦 クラス優勝
1997年 全日本GT選手権参戦(MR2)、フォーミュラトヨタシリーズ参戦
1998年 米国ロングビーチGP参戦(セリカ)、フォーミュラトヨタシリーズ参戦

 PART1 (4月18日放送)

鹿島:今日のゲストは日本一速い女優で、レーサーの、三原じゅん子さんです。あの、レーサーになる道のり、きっかけあたりから・・・

三原:きっかけは、単なる車好きなんですけどね・・・何だろう・・・いろいろあるんですよ。だからやるべくしてやった!と思うんですけど・・ある映画に出て、そこのプロデューサーがそんなに車が好きなら、レーシングチームの社長さんを紹介するよってことで、紹介していただいて筑波サーキットというところで、乗ってみてって言われて、で、初めて乗ってみて、そしたら病みつきになってしまったと。

鹿:乗ってみてどうでした?

三:すごくネ、排気量が少ない車だったのネ。結構街中では、バカにしてた車だったんだけどサーキット行ったら、そんなこと関係なくなっちゃって、結構怖いんですよ。

鹿:怖かったですか?

三:怖かった・・・当然リミッターなんて入ってないし、どのくらい出るの?って言ったら、「たいしたことないよー」と、言われても、結構怖いんですよ1000CCぐらいの車でも・・・

鹿:音もでかいですしね。

三:大きいですしね。で、結構緊張してました。

鹿:でも、ハマったと言うことは、怖さを越える何かがあった訳ですよね。

三:て、言うか、そのチームで、その車のワンメイクレースに出ている人がいっぱいいたんですよ。その人達よりたぶん速かったの。初めて乗って。

鹿:えッ、すごいですネ。

三:それで病みつきになっちゃったの・・

鹿:天才ですね!

三:ちがう!! お調子者(笑)

鹿:でも、それからキャリアを積み重ねていくにしたがって、いろいろ失敗談なんかもおありかと思うんですけど・・・

三:いっぱいゴロゴロ・・・まず、合計7本、折ってますからね、骨を。

鹿:ご自分の体の骨を? ウワオ。

三:レースで、ポキポキと・・・。 転倒が2回ですか。2回転半と1回転ていうのかな。着地失敗と、着地成功ですからね。

鹿:それでやめようと思った瞬間はないんですか?

三:(考)あるかな・・・ちょっとあるな、最近は。もうそろそろやめようかな〜っていう気になるんだけど、次にハンドル握るともう忘れているんですね。これがね!(笑)

next