Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

先輩マッチさんのクルマに憧れて・・・

(9月4日放送)

滝沢秀明
(たきざわ ひであき)

出身:東京都
生年月日:1982.3.29
血液型:A

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない各界の有名人をゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、クルマを愛してやまない、タッキーこと滝沢秀明さんをお迎えします。じっくりとお楽しみ下さい。

一度だけ浮気したくらいで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今日のゲストは、8月31日に12枚目のニューシングル『Journey Journey 〜ボクラノミライ〜』をリリースしたタッキー&翼のこのお方です。

滝沢 :どうも、滝沢秀明です。

鹿島 :よろしくお願いします。本っ当にさわやかですね〜!

滝沢 :いえいえとんでもないです(笑)。

鹿島 :今日は白いTシャツで、ちょっと日焼けしていますよね。

滝沢 :若干、ほんのりですね。

鹿島 :いいガタイしてますよね。肩筋とかすごいですよね。

滝沢 :そうですね、舞台とかやるとどうしても肩に筋肉ついちゃいますよね。

鹿島 :あとすごく座った姿勢がきちっとしているなと(笑)。

滝沢 :いえいえ(笑)。

鹿島 :腹筋は残念ながら見れないですけど。今日、腹筋出してきてくれたらいいなと。

滝沢 :アハハ! 怪しいじゃないですか。

鹿島 :ところでこの番組はもう13年目なんですけど、2年前に今井翼さんに出て頂きまして、その時に「相方もクルマが好きだから」という言葉を言い残されまして。

滝沢 :やっぱり男はみんな憧れますよね。

鹿島 :初めて手にしたクルマ、初めて運転したクルマは何だったんですか。

滝沢 :僕は四駆が好きなので、ずっと四駆に乗っていますね。

鹿島 :ちょっとワイルド系な感じで、いいですね。

滝沢 :四駆で、真四角な。ジープというか、男らしい、乗り心地よりは見た目の迫力が欲しいですよね。

鹿島 :結構そういうクルマって視点が高いじゃないですか。だからどちらかというとスポーツカーのフェラーリとかと比べるとだいぶ目の位置が違いますよね。見下ろしている系な。

滝沢 :そうですね。スポーツカーも興味はあるんですけどね、どちらかというと四駆の方が好きですかね。

鹿島 :今まで何台くらい乗り継いでこられたんですか。

滝沢 :昔のアメ車ですか、59年くらいの。あのくらいのアメ車にも乗っていましたね。

鹿島 :おおお。勝手な想像ですけど、結構大変だったんじゃないですか。

滝沢 :いやあ大変でしたね。ガソリン入れてもすぐ無くなってしまいますし、メンテナンスが大変で。

鹿島 :止まってしまったことはないんですか。

滝沢 :なんとか大丈夫でしたね。

鹿島 :止まると大変ですからね。

滝沢 :でも5mくらいあったので運転するのが大変で。

鹿島 :フフフ。結構、小さい路地とか、運転も上手になったんじゃないですか。

滝沢 :そうですね。ただ、街中、都会を走っていると目立つんです。昔のクルマって派手じゃないですか。しかも真っ赤なクルマだったのでバレバレでしたね。

鹿島 :エアコンとか効きましたか。

滝沢 :エアコンは修理しました。全部。

鹿島 :じゃあエアコンだけ最新のものに替えたりとかね。やっぱりそうしないときついですよね。

滝沢 :曇ってしまうので。

鹿島 :雨の日とかね。今までのクルマの中を振り返ってみて、手放したクルマでもう一回乗りたいなっていうのはありますか。

滝沢 :僕は同じクルマをずっと乗っています。買い替えても同じクルマです。

鹿島 :じゃあ基本的には車種は同じで、年式が変わってきていると。

滝沢 :そうですね。それで1回アメ車に浮気したくらいで。

鹿島 :昔の話ですが、よくクルマ遍歴を聞くと、女性遍歴や付き合い方が分かるっていう方もいらっしゃるんです。そういう意味ではすごいですよね、一貫してます。

滝沢 :僕はそうですね。僕の先輩のマッチさんがそのクルマに乗っていたんですね。それでマッチさんが乗っている姿を見て、うわカッコいい! 俺は絶対にこのクルマを頑張って買おうと思って決めたんですね。で、それを未だに乗っていますね。

鹿島 :じゃあそれだけ付き合っていると、クルマを売っているお店の方にとっても超常連ですからいいでしょうね、あうんの呼吸で。

滝沢 :そうですね。もう友達で。プライベートでもよく遊んだりしていますね。

鹿島 :なんか自動的に、モデルチェンジしたらご案内の連絡がきそうな感じですね。

滝沢 :すぐきますね。「間もなく出るぞ」と。

鹿島 :ほら、「今だったら1号車が手に入ります」とか「ちょっと早めにきます」とか。

滝沢 :そう。僕は1号車でしたね。

鹿島 :気持ちいいですよね。

滝沢 :気持ちいいですね。

鹿島 :しかし本当にクルマ好きですね。番組的には超ラッキーです(笑)。


next page
クルマは自分で運転するもの