Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

Tシャツ、ショーパン、ドラシューで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ところでまだ大学生だったんですね。

橋本 :そうなんです。

鹿島 :慶應大学4年生。モデルの仕事はもうやらないんですか。

橋本 :アーティストとしてという立ち位置ではありますけど、ファッション誌にモデルとして出させて頂くことはありますね。

鹿島 :モデルさんもやってらっしゃるので非常にファッショナブルですが、女性のファッションの話というよりも、例えば助手席に乗られる時、どんなファッションでクルマに乗っている人が個人的にいいなと思いますか。

橋本 :男性ですか。私はクルマに限らずなんですけど、シンプルなTシャツ、Vネックでも丸首でも似合っていればどっちでもいいんですけど、それに今の時期だったらパイル地のショーパンだったりとかベージュの麻のパンツにドラシューとか。

鹿島 :フフフ。ドライビングシューズ。

橋本 :はい。ビーサンは普段はいいけど運転には危ないんで、ドラシューとか履いて頂いて。本当にシンプル、シンプルイズベストって感じですね。

鹿島 :今23歳ですよね。僕の交友関係だけかも知れないですけど、20代前半の若い人ってシンプル領域に到達していない人が多いじゃないですか。

橋本 :あ、本当ですか?

鹿島 :ご自身のまわりはどうですか。

橋本 :まわりはシンプル領域の子が多いですね。

鹿島 :なるほどね。最近の子はみんなお洒落ですからね…って急に親父トークになっちゃいましたけど(笑)。

橋本 :いえいえ。

鹿島 :僕らの時代って違うんですよね。

橋本 :そうなんですか。

鹿島 :そう、違うんです。

橋本 :何が違うんですか。

鹿島 :どっちかというと色んなアイテムを着飾る時代でした。そぎ落として、体を綺麗にしてシンプルなものを着るというのに到達したのは、やっぱりわりと後々なんですよね

橋本 :そうなんですね。

鹿島 :そういう世代ですよ、男性も女性も。聴いてらっしゃる方はたぶん「そうそう」って頷いています。

橋本 :フフフ。

鹿島 :バブルの頃はひどかったですからね。生まれてらっしゃらないと思いますけど、もうジャラジャラでしたからね、女性は特に。

橋本 :ジャラジャラだ。なんか、ソバージュみたいなイメージがありますけど(笑)。

鹿島 :そうですよね(笑)。最近、その当時に活躍されていた女性の有名人やタレントさんが復活されてますけど、昔の映像を観るとすごいですからね。

橋本 :すごいですよね。

鹿島 :当時は分からなかったんです、あれが普通だったんですよ。だからクルマもそうでしたね。いま僕はクルマの中は何も置かない主義なんですけど、昔は色んな物をのっけている人いましたね。

橋本 :何をのっけているんですか。

鹿島 :ドリンクホルダーが5個くらいあったりとか。

橋本 :アハハ!

鹿島 :あとやたらティッシュケースに凝っているやつとか。

橋本 :面白いですね〜! 目立ってナンボみたいな。

鹿島 :だからファッションもクルマもだんだんシンプルになってきて、無駄なものをそぎ落としてソリッド感が出てきていいかなと思いますね。

橋本 :いいですよね、シンプルで。





原点はクルマの中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :7月27日にデビューシングル『I Know』をリリース。そして8月21日にイベントがあります。これはどんなイベントですか。

橋本 :福岡でやらせて頂くイベントで、Aliceさん、fumikaさん、そして私がゲストでお呼ばれして歌わせて頂くんですけど、5曲くらい歌う大きいイベントなのかな。デビューシングル以外にもストックがある曲を披露させて頂くので、ぜひ皆さんに来て頂きたいと思います。

鹿島 :そして8月23日にもイベントがあります。

橋本 :それは都内です。渋谷のクラブ界隈でやるんですけど、NEXT BREAKというクラブイベントです。それはデビュー前の可愛いアイドルとか可愛いアーティストさんもいたりするので、ぜひそういうのも含めて観に来て頂ければと思います。

鹿島 :フフ、でも目立つでしょうね。パンチありますよね。

橋本 :パンチで売ってますね、はい。

鹿島 :小さい時から、歌が上手って言われていたんでしょうね。

橋本 :歌が好きで、どこでも歌っていましたね。

鹿島 :クルマの中でも歌っていたんでしょうね。

橋本 :歌ってましたね、バカみたいに。

鹿島 :ちなみに世代的にはどんな曲を歌っていたんですか。

橋本 :宇多田ヒカルさんとかですかね。

鹿島 :なるほどね〜。

橋本 :あの衝撃的なデビューを見て、宇多田ヒカルさんの真似をして歌っていましたね。

鹿島 :でも夢が叶ってデビュー。これから楽しみですね。

橋本 :はい。すごく楽しみです。本当に。

鹿島 :じゃあまた印税がたくさん入ったら、クルマも買えますね(笑)。

橋本 :ぜひ。ベンツの大きいの欲しいです(笑)。

鹿島 :楽しみにしています。意外とすぐに買ったりして。「買いました」なんて感じで番組に来て頂いてもかまいませんので。

橋本 :はい、頑張ります(笑)。

鹿島 :本当にありがとうございました。

橋本 :ありがとうございました!






今週は、7月27日にデビューシングルをリリースした
ミュージックシーン期待の大型ルーキー、
シンガーの橋本江莉果さんをお迎えしました。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!




back page home