Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

畳のリムジンでセレブをお出迎え!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :せっかく様々なジャンルで活躍するアーティストのオカさんをお迎えしていますので、アーティストの視点でクルマのインテリアやデザイン、色など、こういうものを生み出してみたいとか関わってみたいというものはありますか。

オカ :うーん、シートってグレーとか黒、ベージュですよね。もう少し色目が明るくなったり、ちょっとカラフルにしちゃうとか。もう少し派手にしてもいいんじゃないかなと。どのクルマに乗ってもいつもグレーか黒。なかなか明るいクルマって台数が少ないじゃないですか。それをみんなは好まないのかも知れないですけど、アーティスト視点から言うと、アートが入ったシートがあっても面白いかなと思ったり。

鹿島 :いいですよね。染物職人の方を指定して、藍染のシートとか。オープンカーで夏は涼しげで隣に浴衣の方みたいな。

オカ :はいはい(笑)。

鹿島 :そういうクルマも、見た目が涼しそうです。通常のファブリックから、工場で出荷する前に変えてもらえばいいんですよね。しかも通気性も良くてとか。

オカ :畳とかね!

鹿島 :畳いいですね! 後部座席を畳にして。

オカ :ちょっと風鈴とか。

鹿島 :最高ですよね。正座を好まれる方も多いじゃないですか。年齢層が高めの方で、「正座の方が落ち着くんです」という背筋の伸びている方もいらっしゃいますよね。そういう方に、どうぞと案内して「わっ!」みたいな(笑) 後部座席が全部、畳という。

オカ :正座でクルマですか。

鹿島 :正座でクルマですよ(笑) ただ一番問題なのは、今はシートベルトを後部座席もしなければいけないので、正座をした状態でシートベルトっていうのもビジュアル的におかしなことになっちゃいますよね。

オカ :でもちょっと大きなクルマやったらね、サービスエリアとか休憩の時は畳もいいですよね。

鹿島 :だからちょっと長めのセダンとかリムジン、大体リムジンだと革シートのソファになっていてシャンパンとかが出てきますが、あれを畳にしてしまう。

オカ :なるほどね。リムジンだけど中は日本みたいな(笑)。

鹿島 :例えばレディ・ガガさんじゃないですけど、日本にすごく好意をもって頂いているアーティストが来日した時、成田にそういうクルマが迎えに行ったらすごく喜んでもらえそうじゃないですか。

オカ :日本の文化は世界中で、畳や染物も評価が高いので、喜ばれるかも知れないですね。





水のある街から、新たなアートを
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :色んなお話を伺いましたが、9月から東京に進出されましたね。最近、“EAST東京”と言われて注目されているエリア、台東区の蔵前2丁目のあたりに東京でもギャラリーを。これはどんなスペースですか。

オカ :隅田川を一望できて、僕の絵が飾ってあります。「MIRROR(ミラー)」という建物で、そこの商業施設の中に僕のギャラリーを構えさせてもらっています。下がカフェで、隅田川沿いでビューもなかなかいい感じです。神戸にもショールームを持っているんですけど、関東では初なので、自分のアートを東京の方に観て頂けるスペースを作ろうと思ったのがきっかけです。

鹿島 :オカさんにキャンドルやお花をハレの日に飾ってもらいたいと思った場合、事前にご連絡した方がいいんですよね。

オカ :そうですね。連絡をして頂いて。

鹿島 :ネットで検索をすれば一番早いですかね。

オカ :検索して頂けたら色々出てくるので。

鹿島 :自宅が浅草ですけど、この「MIRROR」って、あの界隈で一番カッコいい建物ですよ。浅草雷門から歩いて12〜13分くらい。どちらかというと雷門とか浅草ビューホテルとか神谷バーとか、そういうイメージだと思うんですよ、浅草の方って。でも「MIRROR」はちょっとヨーロッパぽいところもあり、アメリカっぽいところもある。以前の建築、最新の建築ではないものをリノベーションしたビルですよね、きっと。

オカ :そうですね。そこのオーナーさんがヨーロッパとかが好きな感じで。僕もそれを見て、すごくお洒落だなと思って。僕も東京に初めて進出したのがあの辺っていうのが不思議で。関西から来る人って、だいたい港区の方とかが多いんですけど、偶然その「MIRROR」のオーナーさんに話を頂いた時に、見てすぐ決めたんですよ。

鹿島 :あ、そうなんですか。

オカ :浅草も初めてで、それこそ雷門しかイメージが無かったのに。どこか神戸に似ていると言ったらおかしいですけど、海と川とみたいな。そういうのですごくいいなと思って。

鹿島 :インスピレーションで動かれているというのがすごく分かりますね。

オカ :そうなんですかね。水のそばが好きなんですよね。

鹿島 :今日、ラジオをお聴きのみなさんで、オカナオヤさんに興味を持たれた方はぜひ。ぜひ検索して頂いてコンタクトを取ってみてください。またぜひよろしくお願いします。

オカ :よろしくお願いします。






今週は、アート、ファッション、キャンドル&フラワーコーディネート、
インテリアなどジャンルと国境を越えて活躍中のアーティスト、
オカナオヤさんをお迎えしました。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!




back page home