Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

ミラーボールまでをも車内に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :お2人ともクルマがとっても好きというのは分かったんですけど、遠くへ行くことはありますか。

2人 :あります。

YOPPY :僕らは普通に大阪くらいだったら平気で日帰りでライブに行きますからね。

ZRO :それもするし、ツアーを1年に1ぺん、20か所くらい回るのは大体クルマなんですよ。なので大分からそのまま帰ってきたりとか普通にあるので。

鹿島 :ええ〜っ!

YOPPY :今までで一番遠いのはどこだっけ。

ZRO :たぶん大分かな。1300キロ。その途中の楽しみがパーキングエリアじゃないですか。やっぱり詳しくなるんですよね、あそこのパーキングのアレが美味い、とか。

鹿島 :分かります! ありますよね。どっか教えて下さいよ。

YOPPY :うどんが美味しかったのどこだっけ。

ZRO :あれは香川県のパーキングかな。

鹿島 :それはサービスエリアで?

ZRO :そうです。うどんも自分で好きな大きさを選んで、汁も選んで、薬味や天ぷらを選んでとか。

鹿島 :サービスエリアにそういうシステムがあるんですか。

ZRO :そうなんですよ。

鹿島 :それって街に行くとありますよね。水道の蛇口みたいなところから汁が出るところとか。それがサービスエリアにもあるんですか。

YOPPY :あるんですよ。あれなんていうところだっけ。

ZRO :香川にあるんですけど。

鹿島 :気になりますね。それはでもネットで検索したら出てくるんでしょうね。

YOPPY :あとスーパー銭湯みたいなのや仮眠所がついているのとか色々ありますよね。

ZRO :あれじゃない、岡山の手前。

鹿島 :詳しいですね〜、よく覚えていますよね本当に。

ZRO :ドライバーが前の前のマネージャーだったんですけど、その彼はずっとバンドを連れて回っていたようなやつなので、マップとか持っているんですよ。『全国パーキングエリアガイド』みたいな。

鹿島 :きっと過去の経験値があるから、マップの中でもピンポイントで美味しいところを押さえているんでしょうね。楽しそうですね。

ZRO :クルマでの移動はやっぱり楽しいですね。

鹿島 :気を遣わなくてもいいんじゃないですか。新幹線なんかよりも。

ZRO :僕らなんか大きいクルマで行くので、空気を入れたエアベッドみたいなのを置いてみたりとかね。

鹿島 :すごいことになってますね。

YOPPY :あとはでっかい画面で映画つけてみんなで観たり。

ZRO :あとはミラーボールつけて(笑)。

鹿島 :本当ですか!?

YOPPY :本当です。それをつけたのは実際問題としては1回くらいですけど、後ろに小さいミラーボールをつけてもらって。

鹿島 :クルマ用のが売っているんですか。

YOPPY :あれはクルマ用なのかな…。

ZRO :なんなんですかね。天井につけて音楽かけて。

鹿島 :電源どうやって取ったんだろうとか気になってしょうがないですね。

YOPPY :それでスピーカーも後ろにつけてもらって、真ん中にミラーボールがぶら下がっている、みたいな。

鹿島 :アハハ!





音楽の話は背筋が伸びます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ところで、5枚目のアルバムが7月13日にリリース。『あいかわらず 愛かわらず』。この“愛”というのはちょっと最近のみんなのテーマみたいなところがありますよね。

YOPPY :ありますね。実はこのアルバムを作り始める前から、タイトルはなんとなく僕らの中で決まっていました。僕らの音楽って、聞いて頂けるみなさんの笑顔や元気を作り出したいという意味で、エイジアエンジニアなんです。エンジニア=職人というのは、みなさんの笑顔を作り出す職人でありたいという意味なんですけど、そういう曲をたくさん作る中で今回デビュー7年目ということで、色々なものを吸収して進化したところもあるけど、やはり原点に戻りつつ、僕らが愛してやまない人だったり物だったり場所だったり、そういった様々な愛の形を10曲で表現しようということで、こういうタイトルがついていますね。

鹿島 :震災の後に、みんな心の大切さとか、全く知らない人との付き合い方が変わってきているところがあるじゃないですか。僕はサンプルを聴かせて頂いて、これを聴きながら癒されつつ海に行きたいと感じました。

YOPPY :おお〜っ。

ZRO :いいですね〜。

鹿島 :間違ってないですかね。

YOPPY :間違ってないです。

ZRO :楽しい時に聴いていただけるとありがたいですね、僕らは。

鹿島 :でも辛い時に聴くと、癒されつつ元気も出るという感じですよね。

YOPPY :そういって頂けると非常にうれしいです。

鹿島 :なんかまた、音楽の話になると背筋が伸びるところがまた素敵です(笑) 。

ZRO :アハハ!

鹿島 :本当に真摯な態度というか。

YOPPY :特に今回のニューアルバムは、1年半ぶりのリリースなんですけど、この1年半は僕らの中でも色々あって、エイジアエンジニアって一体なんなんだろう、僕らの自分らしさって何なんだろうっていうことに立ち返って、メンバー4人で話し合って、本当に1曲1曲を4人で、0から1の状態にして、様々なみなさんの助けを借りてできたアルバムなので。本当に自分たち的にはいわゆる“アルバム曲”みたいなものが存在しない、1曲1曲がシングルカットされても良いくらいのつもりで作ったので、もしかすると背筋がピンと伸びてしまうのかも知れないです。

鹿島 :7月13日リリース『あいかわらず 愛かわらず』。そしてそのリリース日にリリースパーティーがあるということで。

YOPPY :僕らエイジアエンジニアが主催で行っているライブイベント、“TOKYO GROOVIN' VOL.2”が、ニューアルバムの発売日ということでリリースパーティーをかねて渋谷のGAMEというクラブで行われます。

鹿島 :いつもと違う視点のお話が聞けて、本当に楽しかったです。ぜひまたお願いします。

2人 :ありがとうございました。






今週は、1年半ぶりにニューアルバムをリリースする、
4MC・スーパーエンターテイナーズのエイジアエンジニア、
YOPPYさんとZROさんをお迎えしました。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!




back page home