Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

ドライブめっちゃ好き! シンガーソングライター近藤夏子

(5月22日放送)
近藤夏子

近藤夏子
(こんどう なつこ)

中学2年生の頃から弾き語りを始め、高校時代はバンド活動を3年間続ける。関西のインディーズシーンで大きな話題を集める中、2010年 4月 遂にメジャーデビュー。キーボードを激しく「叩き語る」ようにして歌うエネルギッシュなアッパーチューンから、心に染み入るバラードまで、その感性をくすぐる独特な歌声、印象的でクセになるメロディー、まさに本人そのままチョケててセツナイ詞の世界、そして「キーボードは打楽器ちゃうんすか?」(本人談)という、実力に裏付けられたエネルギッシュなライブパフォーマンスが、女性を中心に多くの人々の心を魅了している。

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない各界の有名人をゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、5月4日にニューシングル『ハナビラナミダ』をリリース、ピアノとファッション、ドライブを愛してやまないシンガーソングライターの近藤夏子さんをゲストにお迎えします。じっくりとお楽しみ下さい。

ドライブは六甲山とIKAYA
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストはシンガーソングライターの近藤夏子さんです。よろしくお願いします。

近藤 :よろしくお願いします!

鹿島 :この番組はゲストの方のクルマやドライブのお話しを色々と伺っているんですけど、免許はお持ちですよね。

近藤 :持ってます。

鹿島 :噂によりますと、結構ドライブに行かれているんですよね。

近藤 :めちゃめちゃ運転するの大好きで、でも免許はちゃんとゴールド免許を持っております。

鹿島 :大阪に住んでらっしゃるんですよね。

近藤 :私、生まれは島根県なんですよ。それで今は大阪で一人暮らしをしています。

鹿島 :ドライブに行く時、クルマはどうしているんですか。

近藤 :今は自分のクルマは持っていないので、レンタカーを借りたりしています。

鹿島 :レンタカーを借りて、どんなところへ。

近藤 :大阪やったら、南港、ちょっと海沿いというか。海岸じゃないですけど。後は大阪からちょっと外れるんですけど六甲山って分かりますか。

鹿島 :分かります。

近藤 :兵庫県にあるんですけど、夜景がすっごいんですよ。ちょっと運転が難しいんですけど、ゆっくり上っていって、パッと広がる夜景がすごいんです。

鹿島 :夜景は見たことがないんですけど、どんな感じですか。

近藤 :とにかく夜景を見に行く場所としてすごく有名なので、本当に素晴らしいです。

鹿島 :夜景って、そんなに関係が深くない人とのドライブでも、ものすごい夜景が広がった瞬間にちょっと関係性が変わったりすることもありますよね。

近藤 :ねえ、ダマされますからね。

鹿島 :フフフ。

近藤 :それに気をつけていかんとダメですね。夜景のムードにダマされたらいかんというのはありますね。

鹿島 :ということは、作戦としてはアリってことですよね。

近藤 :そうですよね。私は絶対に引っかからないですよ(笑)。

鹿島 :フフ、いやそういうアレじゃないですよ(笑)。でも、より盛り上がる方向に行くのはいいことですよね。昔行った時には、確か山を下りたところにお店がありましたよね。コープか何かのお店があったような気がするんですよね。

近藤 :ええ〜!? 今はあるんかな。でも意外と六甲山って迷子になるくらい色々なルートがあるんですよ。

鹿島 :そうなんですか。ちなみに夜景を見た後に、六甲山の周辺でちょっとコーヒーを飲んだりとかムーディーなところはないんですか。

近藤 :六甲山の周りは分からないです。とにかく夜景を見に行くのがイベントなので。しかも結構夜の遅い時間に行くので、あんまり食べ物屋さんは周りでは知らないですね。

鹿島 :じゃあ夜景を見たら大阪に戻る感じ。

近藤 :そうです。やっぱり食べるといえば大阪ですから。

鹿島 :あ、そうですよね。ところで最近の大阪は景気はどうなんですか。

近藤 :景気!? 景気はどうなんですかね…。私景気とかはあんまり…。マネージャーが「ボチボチでんな」みたいな顔をしてますけど(笑) 相変わらず元気はありますよ、大阪は。

鹿島 :5月8日に4枚目のシングルがリリースされましたよね。ちょうどこの日、JR大阪駅が改修してすごいことになってるじゃないですか、あそこにJR大阪の三越伊勢丹がオープンして、入場制限するくらい人が並んでいる映像が東京でも流れていました。なんか大阪は景気よさそうだなーと。

近藤 :本当に大阪駅周辺は、私も大阪に住んでいると言っても東京との往復がすごくて、なかなか大阪駅にゆっくりいる時間はないんですよ。それで久しぶりにこの前行ったら、めちゃめちゃ綺麗になっていて、建物が3つ以上増えていてわけわからなかったですもん。人だらけでした。

鹿島 :すごいことになってますよね。でもファッション好きですよね、やばいでしょ、洋服とか買いに行ったら。

近藤 :ヤバいです。もう建物を外から見ただけで、ああここで全部買いものは済むなっていう確認はできているんですけど、まだ遊びに行けてないので早く行きたいですね。

鹿島 :イメージとしては、『CUTiE』とかその辺の雑誌の雰囲気じゃないですか。だから洋服はそういう大きい店で買うというよりも、セレクトショップを何軒も回って1日楽しんでそうなタイプに見えますけどね。

近藤 :すごいセレクトショップも好きです。人とかぶらない服が好きなのでそういうセレクトにも行くんだけど、時間が無い時は大きいところにガッと行って、一気に買うんです。すごい買い物のスピードが早いんですよ。

鹿島 :早いんですか。珍しいですね。

近藤 :全く迷わないんです。

鹿島 :女性の方が少し時間が掛かるイメージがあったんですけどね。

近藤 :普通、女の子は結構、「コレ、どっちがいいと思う〜?」とか迷うんですけど、私の場合は“迷った時は買わない”と決めているんです。もう欲しいモノは直感で“これ可愛い!”って思うので。そういう服の方がずっと着るので、迷ったら買わないです。

鹿島 :でも一度にたくさん買ったりするでしょうから、そういう時にクルマで行けたらいいですよね。

近藤 :最高ですよ。でもクルマがある時は、服よりも家具とかを買いに行きます。

鹿島 :フフフ。

近藤 :雑貨とか、部屋を可愛くするのも好きなので、クルマがある時は必ずそういうところに行ったりして家具を買ったりベッドを買ったりします。

鹿島 :ベッドはクルマに載らないでしょう?

近藤 :いや、なんとか載せます。組み立てるやつだったら。

鹿島 :あ、なるほど。それで部屋で組み立てると。いいですね、楽しんでますね。

近藤 :楽しんでます。

鹿島 :家具はどのへんで買うんですか。

近藤 :IKEAです。

鹿島 :IKEAね(笑) これは関西じゃなくてもどこでも一緒ですね。

近藤 :やっぱりあそこは欠かせないですよね(笑)。


next page
大阪ドライブはイラっとしたら負け