Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

夢のガレージライフを叶えるために

(2月20日放送)
伊藤雅子

伊藤雅子
(いとう まさこ)

株式会社エムアイカード・フィナンシェルジュ担当長。
18年間の生命保険会社勤務を経て、伊勢丹アイカード(現エムアイカード)入社。生命保険会社では、職域営業、来店窓口、企業年金等の業務を担当。伊勢丹アイカードで、資産運用相談サービスを開始するのを機に入社し、フィナンシェルジュのスターティングメンバーとして、生命保険のご相談と資産運用のご相談を1つの窓口でお受けする体勢作りを担当している。CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、社会保険労務士有資格者。新宿伊勢丹正面左隣の「フィナンシェルジュプラザ」では無料でコンサルティングを行っている。

このコーナーでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない各界の有名人をゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、昨年12月にもお越し頂いたお金のスペシャリスト、18年間の保険会社勤務を経て、現在は三越伊勢丹・エムアイカード、フィナンシェルジュのリーダーを務めているファイナンシャルプランナーの伊藤雅子さんをお迎えします。じっくりとお楽しみ下さい。

パンフレットやネットだけでは分らないホント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、ファイナンシャルプランナーの伊藤雅子さんです。よろしくお願いします。

伊藤 :よろしくお願いします。

鹿島 :昨年12月に番組に出て頂きまして、あのあと放送を聴かれた方がフィナンシェルジュにいらっしゃったと。

伊藤 :ええ。最近の傾向なんですけど、昔はみなさんも社会人になったらそのまま保険にお入りになったと思うんですね。いわゆる生保レディーと呼ばれる方がいらして、「もう社会人になったんだから保険に入りなさいよ」と言われて。今は企業さんがセキュリティに非常に厳しくなっているんですよ。だから社員の方も、私もそうですけど、自分が権限を持っているセキュリティカードでしか入れないですよね。ですから私も昔は保険の営業をやっていた時は、わりとお仕事しているすぐそばまで行って保険のお話しができたんですけど、今はせいぜい食堂ですとか休憩所でしか保険のお話しができません。だから逆に若い方で保険に入っていないという方が結構いらっしゃるんですね。それは驚くほどで、私どものフィナンシャルプラザにも、「結婚したから保険に入ろうと思うんだけど」というお客さんが多いんですよ。

鹿島 :確かに最近は、例えばクルマを買われる方でもまずインターネットをご覧になる方がすごく増えています。ただ保険の場合はちょっと種類が多すぎて、インターネットだけだと難しいですよね。

伊藤 :そうですね。私はお買い物の時に、いつも家電商品に例えるんですね。私自身も昨年、地デジのテレビをやっと買いにいったんですね。大きな家電量販店に行ったんですけど、数が多すぎてどれを選んで良いか分らないんですよ。それで主人と2人でウロウロしていて、何か人の良さそうな店員さんに聞けたんです。やり手の店員さんってちょっと怖いじゃないですか。だからちょっと人の良さそうな店員さんを見つけて、実はテレビが買いたいんだけど・・・と言って、何台か教えて頂いたんです。やっぱりその方に聞かないと私はプラズマと液晶の違いも分っていなかったんです。どれくらいの大きさが我が家には合うかも分らないので、その方にうちのリビングの広さなどを伝えたところ、その方が3つくらいテレビを選んで下さって、「お宅だったらこのくらいがいいんじゃないですか」と言われて買ったんですよ。

鹿島 :なるほど。

伊藤 :パンフレットを見ただけではとても分らないですよね。保険も、お客さまがインターネットでずらーっと出ているのをご覧になって、それぞれの特約を理解していて自分の必要保障額がいくらか分る方だったら、私はインターネットの方が安くていいと思いますけど、それがお分かりになる方はどのくらいいらっしゃるのかなと。もう一つ、保険の場合は健康診断、ご健康状態について告知して頂くところがあるんですね。なかなかご存じない方が、書類を見て全部に「いいえ」にマルをつけると保険は確かに入れるんですが、自分がうっかり忘れていた健康状態が原因で後になって入院されたという時に、お金が出ないという場合もあるんです。私も通信販売の担当の方にお聞きしたことがあるんですけど、やっぱり告知義務違反による解除っていうのはどうしても通信販売やインターネットだと、私どものように対面販売でお客さまと直接お話しする方に比べると多いということは聞いたことがあります。だからやっぱりインターネットで全部分るというのは、私の23年の経験でやっと分ることが素人の方がすぐに分るとなると、ちょっとしゃくですし。


next page
大事なのは年収じゃない