Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

環境変化でうまくなりました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :運転自体はお好きですか?

泰葉 :大好きです、はい。

鹿島 :今まで、ご自分で運転してどこまで行かれましたか。遠くまでのドライブでは。

泰葉 :えっと、金沢まで行って、金沢から名古屋に行って帰ってきました。

鹿島 :結構な距離ですよね。

泰葉 :ですね。

鹿島 :これは旅行みたいな感じですか。

泰葉 :そうですね。旅行というか、公演の、元々の旦那さんの話になってしまってあんまり話したくないんですけど(笑) 元の旦那さんが金沢と名古屋で公演があるからっていうので。

鹿島 :そういう時っていうのは運転するわけですよね。

泰葉 :そうです。私が運転しました。

鹿島 :すごいですね。じゃあでっかいメルセデスだったり。

泰葉 :BMWだったり。

鹿島 :リムジンはなかったですか。

泰葉 :リムジンはさすがに。さすがにそこまではしておりませんが。

鹿島 :それは自分で運転するもんじゃないですよね(笑)。

泰葉 :そうですね、運転して頂いたほうがいいですね(笑)。

鹿島 :じゃあ結構大きいクルマを?

泰葉 :はい、とてもエンジンの大きいのをブワーっといいながら運転をしておりました。こんな小っちゃい体で。とても重たいなーって思った時もありました。

鹿島 :でも素敵ですよね。

泰葉 :そ、そうですか。

鹿島 :なんか、ぶつけたりはしませんでしたか。

泰葉 :ガンガンぶつけてしまって(笑)。

鹿島 :あ、そうなんですか(笑) あまりぶつけてはいけないクルマですよね。だって公演会場とか放送局に入った時に、「あ、小朝師匠のクルマ、端っこが四つ全部ガリガリだ!」みたいな。

泰葉 :あの、すいません、「小朝師匠」っていうのやめて頂いていいですか、すいません。

鹿島 :あ、すいません。

泰葉 :そうですね、結構ボロボロしていましたね。

鹿島 :フフフ、結構修理もマメに出されたり?

泰葉 :いっつもディーラーさんが、「今回は頑張って下さい」って。新車の時は言われて。だけどこのところすごく優秀でですね、「泰葉さん、どうしたんですか」ってディーラーの人が言ってくれます。

鹿島 :最近は。

泰葉 :はい。「優秀ですね」って褒めてくれます。

鹿島 :じゃあ運転技術が向上したんですかね。

泰葉 :それと、やっぱり気持ちがとても運転に集中できるようになったんじゃないでしょうか。

鹿島 :なるほどねー。やっぱり運転はメンタルが大きいですもんね。

泰葉 :そう思いませんか? そうですよね、やっぱり。

鹿島 :すっごいプレッシャーを与えられていたんですか、当時は運転自体に。

泰葉 :やっぱり、乗せているという感覚がありますので、私一人ではないという。あとは仕事場に行かなければいけないという、遅れてはいけないとか。そういう気を遣って運転をしていたので。ただドライブー! という感じではないので、今はドライブという感じで楽しんでおります。

鹿島 :なるほど。じゃあもっぱら一人で?

泰葉 :あとはワンコを隣に乗っけて。

鹿島 :でも、ワンちゃんとクルマってすごい密接なものだと、僕は思うんですよね。

泰葉 :そうですか、どうしてですか?

鹿島 :散歩だけだと、遠くまで行けませんけど、クルマが好きになってくれればどこまででも行けるじゃないですか。

泰葉 :そうなんですよ〜! だから私は、滝が大好きで、一緒に夏は滝に行きたいなと思って。

鹿島 :滝に打たれたりってことですか?

泰葉 :滝行もしました。でも、今はちょっと一人なのでできないですけど。やっぱり滝行は先導の方がいらっしゃらないと危ないですからね。でも大好きです、滝を見に行くの。

鹿島 :滝を見たり、打たれたりすると心境が変わったりするものですか。

泰葉 :すっごい変わります!

鹿島 :洗われるような感じになるっていう状態ですか。

泰葉 :人生変わっちゃいましたから(笑)。

鹿島 :ワンちゃんもできる滝なんていうのは、あるんですかね。

泰葉 :それはかわいそうでしょうね、あまりに(笑)。

鹿島 :ところで、運転のスタイルとしましては、元々お嬢でいらっしゃいますし、非常に穏和な方ですから、わりと優しい運転をされる感じですか。

泰葉 :それがですね、ブワーッなんですね。とてもスピードは法定速度内ですけど、とても楽しむタイプです。

鹿島 :じゃあむしろ、例えばドイツのようにスピード制限の無いような高速道路があれば?

泰葉 :最高ですね!

鹿島 :走ってみたいと思います?

泰葉 :絶対に行ってみたいです!

鹿島 :レースをテレビでご覧になったりされることはあります?

泰葉 :私は、アイルトン・セナが大好きで大好きで大好きで。

鹿島 :あ、そうだったんですか! F1を生で観られたことはありますか。

泰葉 :それはないんですけど、テレビではよく観ていまして、セナが亡くなった時は大変でした。3日間泣き崩れました。

鹿島 :本当に好きだったんですね。

泰葉 :はい。大好きでした。

鹿島 :それ以来、あんまりF1を観なくなったというようなことはありますか。

泰葉 :そこまではないですけど、気持ちがちょっと寂しくなるんですね、セナを想い出して。だから。

鹿島 :アイルトン・セナのどんなところが好きだったんですか。

泰葉 :やっぱりナイーブさでしょうかね、とてもナイーブな方ですよね、デリケートで。それが走りに表れていませんでしたか?

鹿島 :表れてましたね。

泰葉 :そうですよね。それなのに豪快でしょ。だから両極を持っている男性が好きなんですね。

鹿島 :なるほど。

泰葉 :走りに関しては、やっぱり天才なんですか?

鹿島 :天才でしょうね〜。僕なんかが語っちゃいけないですよ、本当にね。

泰葉 :いえ、そんなことないですよ。やっぱりプロに聞きたかったんですよ、セナについて。

鹿島 :セナみたいな人っていうのが、その後なかなか現われていないですよね。

泰葉 :そうですよね! やっぱり指揮者もそうなんですけど、巨匠みたいな人が現れていないんですよね。だからセナ以降、上手い人はたくさんいると思うんですけど、カリスマ的な人がいたんですか? 私はもう触れていないから分かんないんですけど。

鹿島 :でもね、おっしゃる通りだと思うんです。でもそういう意味で言いますと、音楽の世界とか芸事の世界ですとか、なんかありますよね。

泰葉 :やっぱりあります? 私、指揮者でいうとバーンスタインが終わったらちょっと無くなってるなって感じているんですよね。他にもいらっしゃいますけど、だからセナで一時代が終わったんじゃないですか。ごめんなさい、なんかセナの話になっちゃって。

鹿島 :いいんですよ。またでも、彼みたいな、違う彼といったら失礼ですけど、また現れるとF1を取りまく環境、今はちょっと厳しいですけど、変わってくるかも知れないですね。

泰葉 :深いですね〜。ごめんなさい、セナの話が今日できたのが嬉しい!





ピアノ弾き歌い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ところで、12月2日に『I Believe』がリリースされまして、1月にはライブが。

泰葉 :はい。1月6日に代官山でライブをやります。『晴れたら空に豆まいて』というライブハウスなんですけど、とっても素敵な空間なのでぜひいらして下さい。

鹿島 :ここではピアノも弾かれる?

泰葉 :はい、ピアノの弾き歌いという感じで。

鹿島 :いいですねー。ライブに関してはウェブサイトに詳しい情報が出ていますので、そちらをチェックして下さい。

泰葉 :そうですね。私のウェブサイトをよろしくお願いします。

鹿島 :まあでも、本当に今日は初めてお話ししましたけど、曲の間も実は色んな、アイルトン・セナの秘話ですとかね。

泰葉 :今日はビックリしました。アイルトン・セナの色んな思い出が聞けて嬉しかったし、運命って悲しいなって思ったんですけど、納得出来る部分もあったし、今日は色々と謎が解けて、お目にかかれて良かったです。

鹿島 :ありがとうございました。またぜひ、タイミングの合うときにいらして下さい。よろしくお願いします。

泰葉 :ありがとうございました。






今週は、12月2日にニューシングル『I Believe』をリリースされたばかり、
クルマとドライブが大好きという泰葉さんをお迎えしました。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!




back page home