Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

免許取りたて、美しきヴァイオリニスト

(3月16日放送)
奥村愛

奥村愛

(おくむら あい)

7歳までアムステルダムに在住。桐朋学園大学ソリストディプロマコースで学ぶ。日本音楽コンクール2位入賞。国内主要オーケストラとの共演に加え、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団、シンフォニア・フィンランディアなどの海外オーケストラとも共演。CDはこれまで5タイトルをリリース。02年の初CD「愛のあいさつ」は異例の2万枚を超えるヒット。また3月26日には6枚目となる最新CD「ポエジー」をリリース予定。リサイタルのほか、親子コンサートやワークショップも積極的に展開し、CMやテレビ、ラジオ出演など多彩な活躍で注目されている。

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、ヴァイオリニストの奥村愛さんをお迎えします。お楽しみ下さい。


オランダ時代、ロングドライブの想い出。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストはヴァイオリニストの奥村愛さんです。よろしくお願いします。

奥村 :よろしくお願いします。

鹿島 :4歳からヴァイオリンをはじめられて、7歳までアムステルダムに在住。帰国後は数々のコンクールで活躍され、数々のオーケストラと共演。2002年に『愛のあいさつ』でCDデビュー。そしてまもなく3月26日にニューアルバム『ポエジー』を発売されます。

奥村 :はい。

鹿島 :奥村さんは、本当に、私はもう個人的にも大ファンでして。とにかく美貌のバイオリニストと言いますか、天が二物を与えてしまったパターンですよね、一般的に言うところの。

奥村 :いえいえ、そんなことないです(笑)。

鹿島 :3月26日にニューアルバムが発売されて、3月30日には去年から始まった新しいスタイルのクラシックコンサートで、私がプロデューサーを務めています、東京・お台場のMEGA WEBというトヨタの巨大ショールームを舞台にした「MEGA WEBクラシックスコンサート」に出演して頂くわけですけど、今日は何と、バイオリンを背中に背負って登場されまして。これは弾いて頂けるってことですか?

奥村 :フフフ、はい。

鹿島 :じゃあ、さっそく、一曲お願いします。

奥村 :(※スタジオ生演奏)

鹿島 :(拍手)いやー素晴らしい、贅沢な時間でした。本当にありがとうございました。ちょっと曲の紹介をして頂けますか。

奥村 :今の曲はアイルランド民謡なんですけど、『サリー・ガーデン』という曲で、私の2枚目の『ロマンス』というアルバムに入っている曲です。

鹿島 :なるほど。ありがとうございました。ところで、7歳までオランダのアムステルダムにいらっしゃったということで、子供の頃のドライブの思い出とかあるんじゃないですか。

奥村 :ドライブ…、基本的には家の近所で遊んでいたので。自転車王国なんですよ、オランダって。自転車はすごく多かったんですけど、冬になるとオランダからオーストリアまでクルマで7〜8時間かけてスキーに行っていた記憶がありますね。

鹿島 :うわー、じゃあその時はお父様の運転で?

奥村 :そうですね。それで知り合いとか結構大勢で、何家族とかで連なってずっと何時間もの旅をした記憶がありますね。

鹿島 :じゃあ雪道もありで。

奥村 :はい。雪道もあり、途中で食べたり飲んだりしていましたね。

鹿島 :でも7〜8時間というとかなりのロングドライブですよね。

奥村 :そうですね。だからあんまり何をして時間をつぶしていたのか覚えていないんですけど、なんか知り合いのオバちゃんと歌を歌ったりしていたのはすごく覚えていますね(笑)

鹿島 :素敵な思い出ですよね。何でも、免許を最近取られたっていう情報を耳にしたんですけど。

奥村 :ええと、去年の6月かな。取ったばっかりですね。

鹿島 :まだ1年経ってないですね。

奥村 :はい。しかも期間ギリギリで。決まっているじゃないですか、何ヶ月までに取らないと取り消されちゃうって。その、あと1週間で切れますよって言う時に、駆け込みで毎日行ってようやく取りましたね。

鹿島 :それは、苦労されたってことですか。それとも行く時間が無かったってことですか。

奥村 :1回行かなくなると、だんだんズルズルと行かなくなっちゃってて。時間が無かったのも重なって、行ってなかったんですけど、これはヤバイ! お金が無駄になる! って思って慌てて行きましたね。

鹿島 :元々、クルマの運転自体には興味があったんですか。

奥村 :あんまり無いかも知れない…。でも、クルマは嫌いじゃなくて、あのクルマ好き、乗りたいな〜っていうのはありますね。

鹿島 :例えばどんなタイプのクルマに憧れるんですか。

奥村 :昔、ビートルがすごく好きで、今もいっぱい出ているけど、どっちかっていうと古い、昔のビートルが好きです。小っちゃい頃にうちはたぶんビートルの古いやつに乗っていたんですよ。それが水色で椅子がすごくフカフカで気持ち良かった記憶がすごくあって、それが今も何かずっと脳裏に焼きついているというか。

鹿島 :素敵な話ですね。

next page
初ドライブは、ヒヤヒヤ河口湖。