Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

ドアをはずして軽量化!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :初めてのドライブって覚えてらっしゃいますか。

かまやつ :ええと、三浦半島と箱根ですね。うん。

鹿島 :これはどなたかと。

かまやつ :そういう仲間と。仲間とよく行ったんですよ。幸雄ちゃんとかみんなで。

鹿島 :ちなみにその時、ムッシュさんはどういうクルマで。

かまやつ :僕はね、モーリスのサイドバルブのセダンに乗ってたんですね。

鹿島 :え、なんていうクルマですか。

かまやつ :モーリスの、モーリス・マイナーっていうやつ。

鹿島 :モーリス・マイナー。

かまやつ :それで、重いから速く走らないっていうんで、ドアを外してボンネットを外して軽くして走ったの。

鹿島 :フフフ、ちょっと待ってください。いずれもなかなか外したクルマは見たことないですよね。

かまやつ :今はそんな人いないですけど、当時はアメリカの映画観たりなんかして、ホッドロッドやなんかを見て、ああいう姿で走りたいと。それでスーパーチャージャー買ってきてくっつけたりだとか。それがすごく楽しかったのね、うん。

鹿島 :じゃあご自分でスーパーチャージャーを取り付けしたり。

かまやつ :ええ。

鹿島 :もうボンネット付かないですよね、スーパーチャージャー。はみでちゃって。

かまやつ :だから取っちゃうんですよ。

鹿島 :フフフ、荒っぽいですね〜。

かまやつ :あの当時のモーリス・マイナーなんて、本当に50〜60馬力しか無かったのかな。だから燃費良くっていうか吹けを良くして。ブースターとかつけて。やってたんですけどね。当然仲間にエンジニアがいるし。そのモーリス・マイナーも5万円くらいで買ったんだね。

鹿島 :フフフ、でも5万円っていっても今の5万円とは違いますよね。

かまやつ :今の20万円から30万円くらい。でも当時はクルマを入手するってこと自体がね。ルノーの再生車でさえ50〜60万円しましたから。

鹿島 :いやーいい時代ですね。その時代に本当にカーライフを満喫してらっしゃったんですね。

かまやつ :もうクルマのことしか頭に無かったですね(笑)。



正章さん、免許持って無かったんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :クルマ遍歴のリストを見させて頂いているんですけど、やっと2台まできました(笑)ほかにも色々とありますけど、変わったところですと、フェラーリの465、それからフェラーリ・ディーノというクルマもありますけど、このへんも貴重なクルマですよね。

かまやつ :フェラーリって大変なクルマですね、アレ。メンテナンスがかかって。もちろん中古のクルマじゃなきゃ買えないわけで。ガレージに入っている時間が長くってね、それでも嬉しいんですよ。それでももっとみっともないのはちょっと人に自慢してやろうと思って、六本木のど真ん中でエンストして動かなくなっちゃったりとか。色々恥はかきましたけど、やっぱり好きですねあのクルマは。

鹿島 :これは何年代ごろに乗られていたんですか。

かまやつ :ええとですね、465は70年代の頭です。

鹿島 :スーパーカーブームが来る前ですね、まだずいぶん。我々はまだ子供の頃ですね。

かまやつ :ですから68年か、そのくらいですかね。このクルマもすごかったんですけど、どうやっても左側から黒い煙が出るんですよ。それで整備屋に持っていったらね、「これはシリンダー自体が全部ダメなんだ」って言われて。ちょうど生沢徹さんがロンドンにいたんで、シリンダーを買いにロンドンまで行きましたよ。ロンドンのちょっと郊外にフェラーリのパーツを売っているところがあって、12だから6気筒でしょ。それを持って帰ってきて直そうと思ったんですけど、当時はちゃんとしたエンジニアがいないのね。それでどうしても直らなくて売っちゃったんですよ。

鹿島 :はっはーっ。

かまやつ :そんなこととか、ディーノの時も、バックギアが入らないんですよ(笑)バックギアは留め金でガチャってやらないと、すぐ抜けちゃうの。そういうディーノに乗っていました。電気系がしょっちゅうダメでね、うん。それで堺正章さんと一緒に箱根にドライブに行った時に雨が降ったんですよ。雨が降っているのに、ワイパーが止まっちゃったの。

鹿島 :フフフ。

かまやつ :それで途中から、正章さんに「ちょっと窓拭きながら帰ろう」って言って。彼が右側から半身乗り出して、水浸しになりながら、窓を拭きながら2時間くらいかけてやっと東京に帰ってきたとかね。いまや思い出話なんですけどね。

鹿島 :いやー、ザ・スパイダース時代から堺さんと一緒にやってこられて。いま堺さんもクルマ業界では本当に有名な方になられましたね。

かまやつ :すごいですよね。イタリアのクルマが好きでね。アルファロメオとかマセラティとか。

鹿島 :年に1回、ミッレミリアの日本版、クラシックカーでみんなでラリーを行うという競技の看板みたいな役をやられていますよね。

かまやつ :そうそう。僕と知り合った頃には免許証も持ってなかったんですけどね(笑)。

鹿島 :そうなんですか!?

かまやつ :だからお酒もそうだけど、若くして呑んでいるヤツっていうのはどんどん酒に弱くなっていくんだけど、酒を覚えるのが遅かったヤツっていうのはどんどん活性化していくでしょ。正章さんがそうね。

鹿島 :フフフ、他にこれまで乗られたクルマで特に印象に残っているのって何がありますか。

かまやつ :僕はやっぱりオースティン・ヒーレーのスプライト、あのカエルみたいな目をした小さいやつね。あとはボルボのPB544っていうモデルがありましてね。ボルボって世界中のいいパーツを組み合わせて作っていたんですよ、その当時。そのクルマが印象的でしたね。

鹿島 :オースティンは今でも人気がありまして、愛好家の方々がクルマを探したり、見つけてきたクルマをレストアして乗ったりしていますね。

かまやつ :あとはミニクーパーのカントリーマンだとか。アメ車も乗りましたけどね、アメ車はすごいですね。V8で三つくらい腐っててもガンガン行っちゃいますからね。そういうところはすごいなと。

鹿島 :フフフ、さっきのフェラーリとは大違いですね。

かまやつ :だからハマーなんかも乗ってみたいと思うんだけど、ちょっと日本は狭いでしょ。

鹿島 :あ、でも似合いそうですね!

かまやつ :たぶん似合うと思うんですよね。

鹿島 :僕もそう思います。

かまやつ :この間アメリカに行った時に、ナッシュビルで、ハマーのストレッチってあるんですね。長〜いやつ。

鹿島 :ありますね。僕もニューヨークで見たことがありますね。リムジンみたいなハマー。あれは異常ですね。

かまやつ :異常ですよね。

鹿島 :あれはちょっと怖かったです。しかも色が白でしたね。僕が見たのは。

かまやつ :あ、僕は黒だったな。

鹿島 :ものすごいクルマトークが展開しておりまして、ぜひこの勢いで来週もお越し頂きたいと思いますけども。ライブですとか色んな活動の情報はかまやつさんの公式サイトでチェックして頂ければと思います。www.kdash.jp こちらでチェックして下さい。では来週もお願いします。

かまやつ :おねがいします。



今週は、クルマを愛してやまない大御所ミュージシャン、
ムッシュかまやつさんをお迎えしました。

ドライバーズサロン!
来週もムッシュかまやつさんをお迎えしてお送りします。
お楽しみに!




back page home