Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

 A級ライセンスを持つギタリスト!

(11月4日放送)
ALvino KOJI

ALvino KOJI
(アルヴィノ  コージ)

大阪出身。1997年、「La’cryma Christi」のギタリストとしてデビュー。
作曲を担当しヒットした『未来航路』以降、バンド内でシングルヒットメーカーとして活躍。
2005年3月、「La’cryma Christi」脱退。2006年、潤(元「PIERROT」のギタリスト)、函館で活躍していたヴォーカリスト翔太と3人編成のROCKバンド「ALvino」を結成。9月5日、メジャーデビューアルバム「ALfravor」をリリースした。
ギタリストとして高見沢俊彦のサポートギターもつとめている。クルマ好きとしても有名で、国内A級ライセンスを所持し、レースにも参戦経験がある。

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週は、国内A級ライセンスを持っているアーティスト、元La'cryma Christi、そして現在はALvinoのリーダーでギター、KOJIさんをお迎えします。お楽しみ下さい。


耐久レース、感動のデビュー完走。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストはALvinoのリーダーでギターのKOJIさんです。よろしくお願いします。

KOJI :よろしくお願いします!

鹿島 :いやー!

KOJI :初めまして!

鹿島 :国内A級ライセンスを持ってらっしゃるっていうウワサで、実は今回ゲストに来て頂きました。

KOJI :そうですね。2000年くらいかな? どーしてもライセンスが取りたくなりまして、ツアーとツアーの合間を縫って取りに行ったんですけど。

鹿島 :当時、La'cryma Christiにいらっしゃいましたよね?

KOJI :そうですね。はい。

鹿島 :当時はレースに出ようっていう意思はあったんですか。

KOJI :ありましたね。十勝のサーキットで1回レースデビューはしているんですよ。

鹿島 :えっ!?

KOJI :軽自動車のレースだったんですけど、3人で1台を運転して。3時間くらいの耐久レースだったかな。それで初めてサーキットっていうものを走って…道の幅が恐ろしく広いですよね!? もうどこを走っていいのか。テレビでF1を観ているともう線を描いているように、路面にココを走ればいいみたいのが見えるんですけど、実際に走り出すともう全然分からなかったですね。どこでハンドル切って、どこでアクセル踏んで…なんだコレはっ! っと思って。

鹿島 :ちなみにその時の耐久レースって、内容はどうだったんですか。

KOJI :あの〜。…ビリでしたね(笑)。

鹿島 :どういうメンバーだったんですか。

KOJI :ちょうど北海道のFM局の知り合いがレース好きで、たまたま俺が北海道に旅行に行ったときに誘ってくれたんですよ。それでFM局の人と地元のDJの人と俺とで。それで急きょクルマを用意してくれたので、他は全部660ccという軽自動車でも速いほうのクルマでみんな出ているんですけど、俺だけ550ccの一番ノーマルな・・・。

鹿島 :フフフ。

KOJI :とりあえず参加することを楽しもうっていうことで用意してもらったクルマで出たので、もうバンバン抜かれましたけど、でも気持ちよかったですね、初めて走って。ちょっと雨も降っていて、練習走行のときに1周目でガードレールにぶつけてしまって(笑)大事な大事なクルマを予選の前の練習走行で。それでハンドルが右にしか曲がらなくなってしまったんですよ。

鹿島 :うわあーっ!

KOJI :で、もう大変ってなったんですが、そこのメカニックが徹夜で直してくれて、なんとかギリギリ当日は出れたんですけど、もうバックミラーが割れている状態なので、遅いし後ろから速いの来るしミラーは割れてるしで結構大変だったんですが、すごく楽しかったですね。

鹿島 :完走はしたんですか。

KOJI :完走はしました。

鹿島 :どういう気持ちがしました、みんなでチェッカーフラッグを受けて。

KOJI :なんかすごい達成感が。ビリでもなんか走りきった達成感がすごいあって。うん。モータースポーツって参加しないと分からない喜びってあるなと思いましたね。

鹿島 :すごいいいじゃないですか、最初からそんな経験が出来て。

KOJI :なんかすごくいい思い出で、またやりたいと思いながら7〜8年経つんですけどね。

鹿島 :A級ライセンスって更新をしないと無くなってしまうんですけど、更新はされてます?

KOJI :更新は毎年一応頑張ってしようとしているんですが、1年間猶予期間があるんですよね。

鹿島 :ありますね。

KOJI :それにちょっと甘えて、2年更新で今はやっている感じです。

鹿島 :でも、ちゃんとやってるんですね。

KOJI :せっかく取ったんで、失効するのがもったいないっていう。

鹿島 :ぜひまた、どうですか復活戦!?

KOJI :やりたいですね! 誘ってください。あの、ちょっとくらい頑張ります(笑)ちょっとぐらいって頼りないですね。

鹿島 :アハハ! いやいや、でも1度出られたことがありますからね。じゃあそういう耐久レースですとか、色んな人とクルマをシェアしてみんなで楽しみながら感動を勝ち得るみたいな、そういうレースって向いてそうですよね。

KOJI :あー、そうですね。

鹿島 :なんか、性格がものすごくいい感じですしね。

KOJI :ありがとうございます!

鹿島 :ほら、そういうレースでも「アイツが1分45秒出しているんだったら、俺は1分42秒だ!」みたいな感じばっかりが全面になっちゃうと、意外と完走できなかったりするという話も多いんですけど。

KOJI :あー、そうか。

鹿島 :バンドを取りまとめている方ですから、その辺は上手いだろうなと。

KOJI :でもハンドルを持つと変わるかも知れないですね、どうなんでしょうね(笑)。

鹿島 :あらら、せっかく美しい話だったのに(笑)。


next page
高校生で教習所の先生を!?