Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

ジャンヌダルクのギタリスト、レースデビュー近し!

(6月17日放送)
you

you

「Janne Da Arc」結成10年を経過。
ひとつの節目として更なる高いステージを目指すためソロ活動 開始!!
先陣をきるのはguitarのyou!
日本屈指のギター・テクニックで奏でるインストゥルメンタル
アルバム3部作を制作中!
その第一弾を6/20(水) にリリース決定!完全限定生産盤には、ソロプロジェクトの活動のレコーディングから打ち合わせまでのメイキング等を収録!

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは、6月20日に全曲ドライブミュージックともいえるソロアルバムをリリース、ジャンヌダルクのギタリスト、クルマを愛してやまないyouさんをお迎えします。お楽しみ下さい。


ここに“A級”が欲しいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、ジャンヌダルクのギタリストで、クルマを愛してやまないyouさんです。よろしくお願いします。

you :
よろしくお願いします。


鹿島 :ギタリストで、クルマを愛してやまないyouさん。先日僕の携帯電話が鳴りまして、エイベックスの方だったんですけど「ある方がB級ライセンスを持っているらしいです」という情報で。

you :そうですね。

鹿島 :じゃあぜひゲストにブッキングして下さいって、きょうお越し頂いたんですけど。まずB級ライセンスをお持ちということなんですけど、これは何のためにいつ頃取ったんですか。

you :取ってまだ半年も経っていないんですけど、とにかく僕は最近クルマを購入しまして、クルマは元々大好きだったんですけど乗り始めるとすっごいハマってしまって。それでレースにも興味が昔からあったから、よくテレビも観ていたし。自分で出ようとは思わなかったんですけど、どんどんライセンス系にも興味が出てきて、ちょっとB級ライセンスを取って、A級ライセンスまでは国内で持っておきたいなというので。

鹿島 :
なるほどね。B級ライセンスは2時間くらいの講習を受けて。

you :
そうですね。そのまま頂けるんですけど。


鹿島 :ずばりもらった瞬間って嬉しかったんじゃないですか。

you :すごい嬉しかったです。結構なカードじゃないですか。だからこれだけでカッコいいなと。

鹿島 :フフフ。

you :ここに早く“A”っていうのをつけたいなと。

鹿島 :
ジャンヌダルクのメンバーにはその話は?

you :
はい、しました。


鹿島 :どんな反響でした?

you :あのね、ドラムのshujiっていうやつがいるんですけど、そいつもクルマ好きなんですよ。それで「お前、言えよ!」って言われました(笑)「そんなん行くんやったら、オレも行くわ」って。アハハ! ごめんごめん、先走ってもうたと。

鹿島 :
フフフ、黙って行くなと。なるほど、じゃあ後追いでぜひ。

you :
たぶん取ると思うんですけどね。


鹿島 :この後は、ジムカーナですとかサーキットトライアル、サーキットを走ってタイムを計る競技とか、何かに出場して。

you :そうですね。そういうのでまた講習とかですよね。それはぜひ。ちょっと時間が無くて行けないんですけど、時間を見つけて絶対行こうかなと。

鹿島 :じゃあ年内にはA級ライセンス。

you :それはまあ確実に(笑)。

鹿島 :
この番組に時々出て頂く方で、アーティストさんだと河村隆一さんが。

you :
あ、そうですよね!


鹿島 :A級ライセンスを持っているどころかレースも出ていて、僕も一回助手席に乗ったことがあるんですけど、ビックリするくらい運転が上手くて。

you :マジっすか。

鹿島 :ちょっとヤバいなと思っちゃったんですけど。他に誰がいますかねって言っても、今そうそうA級ライセンスをお持ちの方っていらっしゃらないので、ぜひ取って頂いてレースに出て欲しいですね。

you :ぜひね、僕もそのくらいのレベルまで頑張ろうかなと。時間を掛けて(笑)。

鹿島 :フフフ、でもよく考えたらA級ライセンスを取りに行く時間を作るのが一番大変そうですよね。

you :なかなかタイミングが合わないですよね。

鹿島 :
そんな毎週やってないですもんね。

you :
お知らせとか来るんですけど、ああ今回は合わへんわ、無理やなこれ、無理したら行けないことも無いけど…無理かなとか(笑)そんな風になってますね。


鹿島 :ちなみにテレビでレースをよく観られているということなんですけど。

you :そうですね。F1とかも観ますし、フォーミュラ・ニッポンも観させてもらってるしインディとかも。ケーブルテレビ入っているんで。

鹿島 :サーキットにレースを観に行ったことはあるんですか。

you :ありますね。富士とかには何回か行ったことが。

鹿島 :
近いところだといつ頃行きました?

you :
ええと、去年の秋か冬くらいだと思うんですけど。


鹿島 :それはフォーミュラ・ニッポン?

you :はい。

鹿島 :フォーミュラ・ニッポンはね、もう形はほとんどF1といっても過言でない、いわゆる1人乗りの屋根もなんにもついていないタイヤむき出しのクルマで、300km/hでますからね。

you :凄かったですね。興奮しますね、やっぱりああいうところ行くと。


鹿島 :生で初めてレースを観た時はどんな風に思いました?

you :まず単純に音にビックリしたっていうか。音の凄さってテレビでは伝わらないじゃないですか。そこからして全然違うので、やっぱり生で観ないと始まらないかな、くらいの自分の中での衝撃はありましたね。


next page
愛車レクサス、カスタマイズ進行中。