Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

免許にあこがれる平均年齢19歳。

(3月11日放送)
EU PHORIA

EU PHORIA
(ユーフォーリア)

1/8皮切りの全国18公演の「中ノ森BAND」のオープニングアクトを務め、その圧倒的なライブパフォーマンスが話題に。デビュー曲は高橋克典主演の大ヒットテレビドラマ「特命係長 只野仁」 の主題歌に決定!楽曲はあの”シャ乱Q”を一躍メジャーに押し上げた名曲「シングルベッド」のカバー!Rock'n Rollをベースにポピュラリティ溢れる強烈なBeat Rock Bandがミュージックシーンを席巻します!!今後の「EU PHORIA」に要注目!

このコーナでは、レース関係者はもちろん、車を愛してやまない人気アーティストをゲストにお招きして、カーライフやレースのエピソードなど、その人物の本音にレーサー鹿島が迫ります。

今週のゲストは平均年齢19歳! 2月14日にデビューマキシシングル『シングルベッド / Hey!』をリリースしたEU PHORIAをお迎えします。お楽しみ下さい。


免許証が欲しいどうしても理由とは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :今週のゲストは、EU PHORIAからこの方々です。

SHOCO :ボーカルのSHOCOです、よろしくお願いしまーす!

REONA :キーボードのREONAです、よろしくお願いします!

AYAKA :ベースのAYAKAです、よろしくお願いします!

鹿島 :よろしくお願いします。1987年生まれ、19歳。

3人 :はい!

鹿島 :免許をお持ちでないゲストさんっていうのは、過去8年間で4組目くらいなんですけどね。みなさん、免許はこれからという。

AYAKA :そうですね。みなさん持っているんですね、やっぱり。

鹿島 :アハハ! そ、そうですね…。でも、免許取りたいなーっていう人もいるんじゃないですか。

AYAKA :はい! AYAKA取りたいです。

REONA :よく言ってるよね。

AYAKA :
そう。免許証が欲しい。

鹿島 :
フフフ。

AYAKA :運転もしたいんですけど、免許証がお財布に入っていて欲しいなあって。

REONA :嬉しいんだ(笑)。

AYAKA :でもね、免許証が欲しい理由がひとつあるんですよ。私、学生証を持ってないんですよ、もう学生じゃないんで。それで携帯電話とかを買うときに「身分証明書を見せて下さい」って言われて、保険証を出したんですよ堂々と。そしたら「これじゃ無理です」みたいなことを言われまして、「免許証をお持ちですか」って言われて、無いですみたいな。そういう時に切なさを感じて免許証欲しい〜っていう闘志が沸いてきたっていう。

鹿島 :なるほどねー。写真入ってないとダメっていうことですよね。

AYAKA :そうなんですよ。全然ダメらしくて。

鹿島 :珍しい免許取得の目的ですよね。でもドライブの思い出はあるでしょうね、免許をお持ちじゃなくても。REONAさんはどうですか。

REONA :ちっちゃい時に、私は乗り物酔いしやすかったんですけど、何10分おきに、もうダメだ降ろして〜! とか言ってたので、旅行に行く途中だったんだけど、親が「帰る!」って言い出しちゃって(笑)。

鹿島 :うわー。

REONA :「もう全部キャンセルだ!」って言われちゃって、やだやだやだ〜! って。それは乗り物酔いよりもヤダから。だからすっごいガマンして。絶対ヤダ絶対ヤダ、もう弱音ははかないって。幼稚園くらいだったんですけど。もうドアが開いた瞬間すごい息をして、乗ったら息止めるみたいな。

AYAKA :サバイバルじゃん(笑)

REONA :旅行に行きたいがために。

鹿島 :それ以来大丈夫になったってことはないですか。

REONA :あ、でもそれ以来はあんまり言わなくなったかも知れないですね。今は移動でも全然大丈夫。

鹿島 :精神的な力で、クルマ酔いを押さえ込んだみたいな。

REONA :はい。それで克服したのかも知れないですね。

SHOCO :さすがリーダーだ。

鹿島 :AYAKAさんはどうですか。

AYAKA :そうですねえ、私はそれこそ小さい頃、2〜3歳の頃の話なんですけど、お母さんに聞いた話では「あんたは本当にクルマの中じゃなきゃ寝なかったのよ」って言われて。

鹿島 :はい。

AYAKA :どういうことだって思ったら、小さい子って夜泣きとかするじゃないですか。

鹿島 :しますね。

AYAKA :それが、クルマに乗せてドライブに行かないと寝なかったらしいんですよ。クルマの中でやっと寝付いて、帰ってきてクルマが停まると起きるっていう。

SHOCO :へ!?

AYAKA :ややこしい状況、みたいな(笑)。

SHOCO :クルマの中じゃないと眠れないの?

REONA :すごい子供だ。

AYAKA :そうなんだって。ドライブしている最中が一番寝付いているんだって。

鹿島 :クルマ好きなんじゃないですか、生まれ持っての。

AYAKA :そうかも知れないです。今も好きなんですよ、助手席とかに乗ってドライブ行くのとか。お母さんに、駅まででもいいからクルマに乗せていってもらうのが好きなんですよ。たぶんクルマ好きなのかも知れないですよね。

鹿島 :でしょうね。でも1つ気がついたんですけど、夜泣きをしていてクルマに乗るとスヤスヤ寝ていたわけですよね。ということはドライブに誘うと寝るってこと?

3人 :アハハハ!

AYAKA :あ、でもその傾向は未だにあるかも知れない。前に友達とドライブに行ったことがあるんですよ。その時にみんな騒いでいるじゃないですか、友達みんなだから。なのに私だけ寝てた。

鹿島 :フフフフ。

REONA :あれ、名残がめっちゃあるな。

AYAKA :小さい頃の名残かも知れないですね。クルマに乗ると眠くなるかも。

鹿島 :フフフ、なるほど。

next page
商用車にあこがれる19歳!?