Driver's Salon
 クルマを愛して止まない「彼ら」との対話。それがレーサー鹿島のドライバーズサロン。

後部座席の鉄棒で!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :ところで16歳高校1年生の樋井明日香さんには、助手席サイドから見たクルマっていう切り口でトークを展開していきたいなって思っているですけども、子供の頃のドライブの思い出ってありますか。

樋井 :
子供のころはですね、助手席は兄弟が4人いるので取り合いですね。


鹿島 :やっぱり助手席がいいんですね。

樋井 :そうですね。まずケンカになりますね。なぜか助手席がやっぱりいいんですよね。だからジャンケンして(笑)。

鹿島 :フフフ。

樋井 :「前も乗ったやん!」みたいな感じになるんですけど。結構昔に乗っていたクルマは、助手席がケンカにならなかったんですけど。そのクルマはアストロ?

鹿島 :アメリカのミニバンですよね。ちょっと大き目の。

樋井 :
そうそうそう。それで後ろがすごく広いんですね。それでちょっと棒みたいなのがついていて、ちっちゃいからそれで鉄棒代わりに遊べるんですね。


鹿島 :へえーっ

樋井 :だからその頃はみんな後ろで、その棒に吊り下がったりして遊んだりとか。あとは椅子を全部倒して…。

鹿島 :フルフラットにして。

樋井 :そう! それでみんなで寝てたりとか。

鹿島 :最高ですね。

樋井 :最高ですね。もう楽しかった思い出がたくさんあります、あの頃は。

鹿島 :兄弟はどういう構成ですか。

樋井 :兄弟は、明日香が一番長女で。

鹿島 :やっぱりリーダーだったんですね。当時から。

樋井 :そうです(笑)それで、長女・長男・次女・次男でした。

鹿島 :当時、なぜ助手席に座りたかったんでしょうね。

樋井 :やっぱり小さい頃から音楽が好きだったので、CD入れたり曲を聴いたりっていうのが、前の席だと色々操作ができるじゃないですか。

鹿島 :なるほどね!

樋井 :だからやっぱり前に行く人が…

鹿島 :選曲権があるわけですね。

樋井 :そうそう! だから後ろから言ったって、「ちょっと待って」って言うことができるので。

鹿島 :なるほどね、もう、テレビのリモコンを手にしちゃっている状態で。

樋井 :そうです。フフフ…。

鹿島 :牛耳り倒しのDJ状態になっちゃうわけですよね。それで解説とかをしながら。「次にお送りする曲は」みたいな感じで?

樋井 :それはなかったです(笑)。

鹿島 :でも素敵なエピソードですね。すごいっすね。音楽好きだったんですね、みんな。

樋井 :みんな好きなんですよね。みんな好きなんだけど、それぞれ好きなアーティストさんが違かったりとか。やっぱり聴きたい曲があったり、何回も聴きたかったりとか。そういうのがあるからしょっちゅうケンカしていましたね。

鹿島 :フフフ、ちなみにどんな曲をヘビーローテーションしてたんですか、子供の時は。

樋井 :子供の時から結構バラード系が好きなんですよ。

鹿島 :バラード系。例えば?

樋井 :昔で言うとやっぱり、安室奈美恵さんの結婚式の…。

鹿島 :『CAN YOU CELEBRATE?』

樋井 :はい。あとこれはあんまりバラードじゃないんですけど『TOMORROW』(岡本真夜)がすっごい好きで、いつも歌ってましたね。

鹿島 :おおーっ(笑)わりとじっくりと、大き目のボリュームで聴きこむ感じの曲ばっかりじゃないですか。

樋井 :聴きこむ、アンド歌いまくりみたいな(笑)すっごい熱唱ですね。

鹿島 :フフフ、いいですねー。

樋井 :で、本当に好きな曲を聴いている曲はその曲を歌うんですけど、兄弟が違う歌を聴いている時も、私は自分の好きな歌を歌ったりとか。

鹿島 :フフフ。

樋井 :みんながそれだから、色んな歌が混ざってて(笑)「うるさいっ」って親によく怒られてました。

鹿島 :まあでも音楽に囲まれて育って、なるべくして今の姿になったという感じですね。これから2年後には免許取得可能になりますけど、その前に例えば誰かとドライブに行くとしたら、どんな運転をして欲しいですか。

樋井 :どんな風…、あの、私はちょっと酔いやすいので、やっぱり安全運転というか。いるじゃないですかたまに。ちょっと酔っちゃうような運転の人。

鹿島 :分かります。頑張りすぎ系の運転。たまにものすごい勢いで、右左、そして右左みたいなね。

樋井 :やっぱり安全運転でね。気持ちいい感じで運転してもらえたらって思いますね。

外見だけじゃなく中身も。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿島 :
HINOIチームの2月7日リリースのニューシングル『Dancin'& Dreamin'』。

樋井 :
はい。3曲入っていて、あと1曲はリミックスが入っているんですけど。


鹿島 :初回版にはプロモーションビデオも入っています。

樋井 :そうです。CDプラスプロモーションビデオが入っているやつと、CDだけのやつがあるんですけど、プロモーションビデオの方は、フリビデオがいつもHINOIチーム恒例なんですけど、それにオフショットも入っているのでそちらも観て頂けたらと思います。

鹿島 :2月7日リリースです。そして2月10日に東京でリリースイベント。渋谷のエッグマン。

樋井 :はい。初のワンマンなんです。

鹿島 :初のワンマン! これは楽しみですね。

樋井 :ぜひ来てください。

鹿島 :じゃあ今は色々と考えたりリハーサルをしたりっていう。

樋井 :そうですね。もうみんな頭を悩ませながら頑張っています。

鹿島 :そして大阪が翌日、2月11日(日)にディスクピア日本橋店。そして2月12日には、その前の日に発売されます樋井明日香・1st写真集『ASUKA』の発売のイベント。これは握手会。

樋井 :はい。初の写真集なんですけど、グアムに行きまして。キレイなところでしたねー。

鹿島 :天気は良かったですか。

樋井 :
天気良かったですね。星がすっごい好きなんですけど見に行かせて頂いて。もう流れ星まで見れちゃって。

鹿島 :うわーっ。

樋井 :もうやばかったですね。帰りたくなかったです(笑)。

鹿島 :フフフ。そんな握手会が2月12日にお昼12時から、福家書店の銀座店で行われますんで。

樋井 :はい。ぜひ明日香と握手してください(笑)というか来てください。

鹿島 :楽しみですね。でもクルマの話をする番組にゲストで出演するっていうのはこれが初のケースじゃないですか。

樋井 :そうですね。こんなにクルマトークで盛り上がれるとは。

鹿島 :じゃあ免許を取られるまでの2年間はじっくり選んで。

樋井 :じっくり(笑)そうですね。今は外見だけというか、ミニ・クーパーに惹かれてるんですけど、やっぱり中身も大事なのでそれも研究していきたいと思います。

鹿島 :ぜひ免許を取られてクルマを買う時には、またこのスタジオに遊びに来てください。本当にありがとうございました。

樋井 :ありがとうございました。

今週のゲストは、昨年はあの長州小力をフィーチャーして
ミュージックシーンに衝撃を与えた
HINOIチームのリーダー樋井明日香さんでした。

ドライバーズサロン!
来週も素敵なゲストをお迎えして
お送りしますのでお楽しみに!




back page home